孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041103791

孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像

  • 著者 石村 博子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041103791

語られなかったもう一つの朝吹家の物語。

サガンの翻訳で知られる朝吹登水子、鮎川賞詩人・亮二、芥川賞作家・真理子……。一族に連鎖する美と自由の精神を導いた仏文学者・三吉の生き様と、もう一つの朝吹家の歴史を初めて明かすノンフィクション!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  •  朝吹三吉は三井財閥系の家系。62歳で楽隠居。骨董三昧の余生。1918年、69歳で腸間膜出血で急逝。豊前(大分県)の庄屋の二男。福沢諭吉の弟子。三菱商会の岩崎弥太郎の支配人。要するに政商。サガンの翻訳  朝吹三吉は三井財閥系の家系。62歳で楽隠居。骨董三昧の余生。1918年、69歳で腸間膜出血で急逝。豊前(大分県)の庄屋の二男。福沢諭吉の弟子。三菱商会の岩崎弥太郎の支配人。要するに政商。サガンの翻訳で知られる朝吹登水子、鮎川賞詩人・亮二、芥川賞作家・真理子…。一族に連鎖する美と自由の精神を導いた仏文学者・三吉の生き様と、もうひとつの朝吹家の歴史を初めて明かした貴重なノンフィクション。 …続きを読む
    メルセ・ひすい
    2013年02月27日
    4人がナイス!しています
  • 朝吹家の5人の子供たちがどのように育てられてあの芸術家一家になったのかがよくわかりました。 翻訳家として有名な朝吹登美子さんは末っ子で一人娘、お兄様の三吉さんとは特に仲がよかったそうです。三吉さんが訳 朝吹家の5人の子供たちがどのように育てられてあの芸術家一家になったのかがよくわかりました。 翻訳家として有名な朝吹登美子さんは末っ子で一人娘、お兄様の三吉さんとは特に仲がよかったそうです。三吉さんが訳されたジャン・ジュネの「泥棒日記」は名訳と言われているそうです。読みたくて早速図書館に予約したのですが、うちにあったのです。函本が。全集1。読み始めていますがなかなか進まない。 …続きを読む
    ペイトン
    2015年03月18日
    3人がナイス!しています
  • 石井好子さんのエッセイを昔から愛読してたので、朝吹登水子さんの育たれた家庭には興味があったが、特に彼女と親しかった三吉さんのこと、朝吹家の環境が詳しく書いてあって嬉しかった。子供達に贅沢な教育、教養、 石井好子さんのエッセイを昔から愛読してたので、朝吹登水子さんの育たれた家庭には興味があったが、特に彼女と親しかった三吉さんのこと、朝吹家の環境が詳しく書いてあって嬉しかった。子供達に贅沢な教育、教養、自立自尊の精神、苦しい戦後を生き抜く力を与えたご両親のお金の使い方が素晴らしい!!しかし著者の文章は単純ミスも含めていただけない。「生の証しをのこして」(1997)を書いた人と同一人物とは思えない粗雑さ。 …続きを読む
    水無月
    2015年07月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品