ミミズクと夜の王

第13回 電撃小説大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048667760

第13回 電撃小説大賞

ミミズクと夜の王

  • 著者 紅玉 いづき
  • イラスト 磯野 宏夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048667760

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミミズクと夜の王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 予想外&予想以上に完全に物語に引き込まれ、アッという間に読了です。恒川さんの女性版といったファンタジーモノです。魔物にとらわれの身となっていた少女「ミミズク」、とある国の聖騎士「アンディ」に助けられ、 予想外&予想以上に完全に物語に引き込まれ、アッという間に読了です。恒川さんの女性版といったファンタジーモノです。魔物にとらわれの身となっていた少女「ミミズク」、とある国の聖騎士「アンディ」に助けられ、つかの間の幸せを手に入れますが、果たしてその幸せが真の幸せなのか、記憶が封印されながらも「自分」を探し求めて悩み続ける日々、そんな彼女を取り囲み、優しさとユーモアで支える聖騎士の妻「オリエッタ」など、魅力あふれる人物が次々と登場し、物語を盛り上げてくれます。有川浩さんの解説もなかなかインパクトがありました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2015年05月20日
    183人がナイス!しています
  • まるでお伽噺のようだけれど。結末も予想できてしまうけれども。私はこういう物語に滅法弱い。今年、初泣き本。悲しくて残酷で、でも優しくて、真っ直ぐで。みんなが自分の本当の「しあわせ」を見つけられるように。 まるでお伽噺のようだけれど。結末も予想できてしまうけれども。私はこういう物語に滅法弱い。今年、初泣き本。悲しくて残酷で、でも優しくて、真っ直ぐで。みんなが自分の本当の「しあわせ」を見つけられるように。そっと祈りたくなる。 …続きを読む
    みっちゃん
    2020年01月10日
    162人がナイス!しています
  • 魔物に食べられて死ぬのが夢という可哀想な奴隷少女が主人公です。絶望の縁にある時、誰かのために役立てるということはきっと生きる糧となるのでしょう。幸福な時が静かに流れていたのにそれを踏みにじるのはいつも 魔物に食べられて死ぬのが夢という可哀想な奴隷少女が主人公です。絶望の縁にある時、誰かのために役立てるということはきっと生きる糧となるのでしょう。幸福な時が静かに流れていたのにそれを踏みにじるのはいつも正しい善意。誰もが幸せを願って誤った道を歩んで行きます。(表紙をめくって1ページ目のミミズクと紅の花のイラストがとても印象的です。) …続きを読む
    夜長月🌙(よな)
    2020年03月22日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品