月だけが、私のしていることを見おろしていた。

月だけが、私のしていることを見おろしていた。 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年11月21日
商品形態:
電子書籍

月だけが、私のしていることを見おろしていた。

  • 著者 成田 名璃子
発売日:
2013年11月21日
商品形態:
電子書籍

3K女と呼ばれる咲子。 彼女の心を暖めてくれるのは一つの灯り。

高学歴、高年齢、高層マンション住まいの3K女・二宮咲子は、元彼の御厨に未練たらたらの日々を送っていた。週末の友人の結婚式で御厨と奥さんに再会することを悩む咲子は、占い師に一週間で出会いがないと一生独身と宣言される。驚いた咲子は合コンやお見合いなどの予定を入れていくのだが、相手を御厨と比べてしまい、逆に自分の未練を自覚していく。そんな咲子には、誰にも言えない楽しみがあった。それは、年下青年の住むぼろアパートを中古の天体望遠鏡で覗くこと。今の彼女の心を暖めてくれるのは、月夜に望遠鏡を通して知り合った青年・瑞樹との交流しかなくて──。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「月だけが、私のしていることを見おろしていた。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆18035 成田さんのデビュー作。え\ぇ〜っ!普通なら絶対にあり得ないでしょ的なぶっ飛び設定が多々あるのですが、それがまた良かったりするんですよ〜。この作家さん、タコの様に人を吸着してしまう ★★★★☆18035 成田さんのデビュー作。え\ぇ〜っ!普通なら絶対にあり得ないでしょ的なぶっ飛び設定が多々あるのですが、それがまた良かったりするんですよ〜。この作家さん、タコの様に人を吸着してしまう話を作るので(って、どんなだよ!例え悪すぎぃー。)まじ凄いね。この作品、仕事出来過ぎ女子が勢いで彼氏と別れてしまい、その後、合コンやお見合いしたりするんですが元彼に未練タラタラ。唯一の楽しみはベランダから天体望遠鏡で若い男性の部屋を覗くこと。もう読みたくなったでしょ。これ、最後の章があるからこそ傑作なんだね! …続きを読む
    相田うえお
    2018年05月04日
    127人がナイス!しています
  • 作者のデビュー作。IT企業で働くアラサーのOL咲子。恋人と別れてから何事にも疲れてしまっている。高学歴、高収入、高層マンションの3K。趣味は天体望遠鏡を使って、あるアパートをのぞくこと。そこにいる青年 作者のデビュー作。IT企業で働くアラサーのOL咲子。恋人と別れてから何事にも疲れてしまっている。高学歴、高収入、高層マンションの3K。趣味は天体望遠鏡を使って、あるアパートをのぞくこと。そこにいる青年と交流するようになる。友人の結婚式の席次表に元カレ夫婦?の名前を見つけてさぁ大変!占いで1週間以内に出会えないと一生独身って言われたり。あわてて御曹司との見合いに行ってみたり。それでもどうしても元カレが好き。その気持ちに正直になってハッピーエンド。あったか切ないラブストーリーでした。 …続きを読む
    papako
    2019年12月06日
    62人がナイス!しています
  • うん。バリキャリ女性が彼氏と勢いで別れてしまい未練たらたら、でも彼はもう別の女性と結婚してる。これまた勢いで買った天体望遠鏡で見知らぬ青年の部屋を覗く事が唯一の癒し…。そんな女性の1週間の恋愛物語なん うん。バリキャリ女性が彼氏と勢いで別れてしまい未練たらたら、でも彼はもう別の女性と結婚してる。これまた勢いで買った天体望遠鏡で見知らぬ青年の部屋を覗く事が唯一の癒し…。そんな女性の1週間の恋愛物語なんだけど。元彼には嫁がいるのに、やたら未練タラッタラで全然話が前に進まないの。どんな魅力的な男性が現れても、覗き行為してた青年と仲良くなっても、とにかく未練が凄い。この話に一体どんな決着が着くというのか…途中から不安になってきたけど、最終的には思いも寄らぬ方向へ。でも私の期待してた方向じゃなかったんだよなぁ…。 …続きを読む
    おかだ
    2018年12月03日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品