[映]アムリタ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

[映]アムリタ

  • 著者 野崎 まど
発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

異色の青春ミステリー

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂される最原最早の監督作品だった。彼女のコンテは二見を魅了し、恐るべきことに二日以上もの間読み続けさせてしまうほどであった。二見はその後、自分が死んだ最原の恋人の代役であることを知るものの、彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が先立ち、次第に撮影へとのめりこんでいく。 しかし、映画が完成したとき、最原は謎の失踪を遂げる。ある医大生から最原の作る映像の秘密を知らされた二見は、彼女の本当の目的を推理し、それに挑もうとするが――。 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「[映]アムリタ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラブコメかと思いきやなかなかのホラーだったり、フェイクの伏線が張り巡らされていたり。笑い転げながら恐怖に鳥肌です ラブコメかと思いきやなかなかのホラーだったり、フェイクの伏線が張り巡らされていたり。笑い転げながら恐怖に鳥肌です
    た〜
    2012年05月01日
    222人がナイス!しています
  • 天才をどう描くか? というのはクリエイターにとって究極の問いかけである。貧しいセンスでは薄っぺらな才人しか書けないし、潤沢な才能からは様々な賢才が生まれる。そういう意味では、本作の最原最早は立派に天才 天才をどう描くか? というのはクリエイターにとって究極の問いかけである。貧しいセンスでは薄っぺらな才人しか書けないし、潤沢な才能からは様々な賢才が生まれる。そういう意味では、本作の最原最早は立派に天才としての役目を務め上げた。ストーリーはコンパクトにまとまっていながら登場人物一人一人のキャラクターがしっかり立っているしラストも強烈なインパクトを残す。早く読み進めたい! と思うことは多くても作品が終わるのがもったいなくて、もっとこの作品に浸っていたいという思いで読み進めたくなくなったのは初めての経験でした。 …続きを読む
    流言
    2013年05月09日
    198人がナイス!しています
  • 再読。野崎まどと言えば全てをひっくり返す最後の大オチが最大の魅力なんですが今作はその中でも本当に最後のためだけにすべての展開が存在しており最後の十数ページが恐ろしい密度を誇っている。軽い掛け合い、二見 再読。野崎まどと言えば全てをひっくり返す最後の大オチが最大の魅力なんですが今作はその中でも本当に最後のためだけにすべての展開が存在しており最後の十数ページが恐ろしい密度を誇っている。軽い掛け合い、二見の努力そして最原とのハッピーエンドにほっと一息ついたと思ったらこのホラーですよ。たった一人の天才が全てを動かしていた物語。2はこれからパーフェクトフレンド全てを繋げた作品らしいので楽しみです。 …続きを読む
    まりも
    2014年07月02日
    174人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品