試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048930741
ニコカド祭り2020

Clean Agile 基本に立ち戻れ

  • 著 Robert C.Martin
  • 訳 角 征典
  • 訳 角谷 信太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048930741

小さなことをする、小さなソフトウェアチームがうまくやっていくために!

アジャイルとは、小さなことをしている小さなプログラミングチームの小さな問題を扱う小さなアイデアである。アジャイルとは、大きなことをしている大きなプログラミングチームの大きな問題を扱う大きなアイデアではない。
大きなことは大きなチームなんかじゃできない。小さなことをする小さなチームがいくつも集まり、コラボレーションしながら大きなことを成し遂げるのだ。
このことを、我々はあらためて認識する必要がある。

もくじ

第1章 アジャイル入門
第2章 アジャイルにする理由
第3章 ビジネスプラクティス
第4章 チームプラクティス
第5章 テクニカルプラクティス
第6章 アジャイルになる
第7章 クラフトマンシップ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Clean Agile 基本に立ち戻れ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アジャイルの哲学書。本来のアジャイルがなんであったか? それは小さなチームの小さな問題を解決するアイデア。大きなことは小さなことをする小さなチームがいくつも集まってコレボレーションしながら成し遂げる。 アジャイルの哲学書。本来のアジャイルがなんであったか? それは小さなチームの小さな問題を解決するアイデア。大きなことは小さなことをする小さなチームがいくつも集まってコレボレーションしながら成し遂げる。ソフトウェア黎明期の1950年代、60年代のプログラマはそのことを直感的に理解していた。彼らは30代、40代になってプログラミングをはじめた者たちばかりだった。社会人になってから独学でプログラミングを学び、一応はこの世界で仕事している自分には心強い言葉。最近コードを書く機会が減っているのでここらで原点回帰だ。 …続きを読む
    monotony
    2020年10月18日
    2人がナイス!しています
  • ★5 アジャイルの生みの親の1人がアジャイルが何故生まれたのか、基本となる価値はなんなのかを説明した本。作者の主観的な話が多いが、作者自身が歴戦の勇者なだけあって、参考になる部分が多い。アジャイルにつ ★5 アジャイルの生みの親の1人がアジャイルが何故生まれたのか、基本となる価値はなんなのかを説明した本。作者の主観的な話が多いが、作者自身が歴戦の勇者なだけあって、参考になる部分が多い。アジャイルについて学んだものの、うまく活用できていない人ほど刺さる内容なのではないだろうか。逆に、これをアジャイルを学ぶ1冊目にするのはオススメしない。アジャイルを学ぶ2冊目として必携の本だと思う。 …続きを読む
    tricky_monkey
    2020年10月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品