この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月29日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047300538

この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-

  • 著者 森橋 ビンゴ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月29日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047300538

――せめて、誰の物にもならないで欲しい。そう思ってしまうのは、わがままだろうか――
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 身体が恋をする。だけど、心だってずっともっと恋をしている。せめて、誰の物にもならないで欲しい。そう思ってしまうのは、我儘だろうか。頭では、彼の事を理解したいと願うはずなのに。隣に寄り添う体温が、繋いだ 身体が恋をする。だけど、心だってずっともっと恋をしている。せめて、誰の物にもならないで欲しい。そう思ってしまうのは、我儘だろうか。頭では、彼の事を理解したいと願うはずなのに。隣に寄り添う体温が、繋いだ手のぬくもりが、もっと切実に欲しくなる季節がくる。冬。別れを意識しつつ、やってくる。三好ちゃんと四郎の関係。三好ちゃんへの完全な依存と甘えで成立しただろう歪な恋。未来と要さんの感情としては純粋な、だけどやっぱり歪な関係。これは恋なのだろうか。二つの恋を車輪にして、この物語は破滅と不幸へと続いてしまうのだろうか …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2015年12月15日
    108人がナイス!しています
  • 四郎を応援したい気持ちもあるけど、未来のことを考えると果たしてそれでいいのかとなってしまう。四郎と三好が付き合ったけど、それでも未来のことをを忘れられなかったら三好が可哀想… 物語が進むにつれて恋愛や 四郎を応援したい気持ちもあるけど、未来のことを考えると果たしてそれでいいのかとなってしまう。四郎と三好が付き合ったけど、それでも未来のことをを忘れられなかったら三好が可哀想… 物語が進むにつれて恋愛や友情に変化が生まれて、それがとても切なくなってしまう。読んでいて悲しくなったりするけど先が気になってしまう。この作者さんはすごいと思った。 …続きを読む
    かめ吉
    2015年09月01日
    88人がナイス!しています
  • 夏休みに入って、四郎と未来は和田と三好を交えた4人で泊まりがけの旅行へ。そして文化祭実行委員として四郎が三好とともに取り組んだ第二幕。GIDのことを本で読んでみたり、三好との仲を取り持とうとする未来、 夏休みに入って、四郎と未来は和田と三好を交えた4人で泊まりがけの旅行へ。そして文化祭実行委員として四郎が三好とともに取り組んだ第二幕。GIDのことを本で読んでみたり、三好との仲を取り持とうとする未来、未来が他の人と付き合うのを考えると複雑な気分になるのを自覚する四郎ですが、その思いに明るい未来はなかなか想像しづらい状況ですね。未来の運命的な出会いを目の当たりにして、四郎も新たな一歩を踏み出すことになりましたが、不安を潜在的に抱えたままの関係になりそうで、これから大丈夫かなあと続きが気になる終わり方でした。 …続きを読む
    よっち
    2014年11月27日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品