この恋と、その未来。 -一年目 冬-

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月30日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047305076

この恋と、その未来。 -一年目 冬-

  • 著者 森橋 ビンゴ
  • イラスト Nardack
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月30日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047305076

――好きだからこそ離れよう、そう思った。それが俺にできる、せめてもの抵抗だから――
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この恋と、その未来。 -一年目 冬-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冬休みに未来とともに東京に帰省することになった四郎が、実家を飛び出してきた未来と松永家で年越しを迎えたり、東雲侑子や三並と出会う第三弾。結果的に東京でも未来と過ごすことになったりで、四郎が未来への想い 冬休みに未来とともに東京に帰省することになった四郎が、実家を飛び出してきた未来と松永家で年越しを迎えたり、東雲侑子や三並と出会う第三弾。結果的に東京でも未来と過ごすことになったりで、四郎が未来への想いと三好さんの好意にずっと苦悩し続けていただけに、三並や広美のアドバイスが転機になるといいんですけどね。未来は三並にとっての義姉なのか侑子なのか。未来と二胡の出会いも何か先がありそうな予感。苦悩の末に決断した四郎と、彼に向けられる三好さんの真っ直ぐな想いがいつか報われるといいなと思いました。次巻も楽しみです。 …続きを読む
    よっち
    2015年05月29日
    72人がナイス!しています
  • 季節は冬、三好に対する申し訳なさを覚えながらも未来と共に東京で冬休みを過ごす事になった四朗が三並や広美のアドバイスを受けある決断を下す…な話。東雲侑子と三並の二人が揃った姿を再び見る事が出来て嬉しかっ 季節は冬、三好に対する申し訳なさを覚えながらも未来と共に東京で冬休みを過ごす事になった四朗が三並や広美のアドバイスを受けある決断を下す…な話。東雲侑子と三並の二人が揃った姿を再び見る事が出来て嬉しかったです。三並が四朗にかけたアドバイスは東雲との恋愛で色々あった彼だからこそ出来たもので、懐かしさを感じると同時に大人になったんだなぁと感慨深い思いになりました。自分の不甲斐なさを痛感し、三好と真っ直ぐ向き合おうとする四朗の決心は彼らの恋模様にどのような変化を与えるのか。2年目春が楽しみです。次巻が待ち遠しい。 …続きを読む
    まりも
    2015年05月30日
    68人がナイス!しています
  • 三好に対する負い目や、このままじゃいけないと思い未来と離れることに葛藤している四郎を見ていると、読んでるこっちが苦しくなってくる…未来への気持ちを断ち切る決心をつけた四郎には好感が持てたけど、気持ちを 三好に対する負い目や、このままじゃいけないと思い未来と離れることに葛藤している四郎を見ていると、読んでるこっちが苦しくなってくる…未来への気持ちを断ち切る決心をつけた四郎には好感が持てたけど、気持ちを断ち切ることが果たしてできるのか。読んでいて悲しくなったり、切なくなったりする本はあんまり読まないんだけど、これはアリだと思った。森橋ビンゴさんのことは、このシリーズが初めてだけど次巻が出る前にほかの作品も読みたくなった。 …続きを読む
    かめ吉
    2015年09月01日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品