グランクレスト戦記 3 白亜の公子【電子特別版】

グランクレスト戦記 3 白亜の公子【電子特別版】 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月19日
商品形態:
電子書籍

グランクレスト戦記 3 白亜の公子【電子特別版】

  • 著者 水野 良
  • イラスト 深遊
発売日:
2014年07月19日
商品形態:
電子書籍

アルトゥークを包囲するヴァルドリンド、連合と同盟の大戦勃発!?

連合陣営の大会議が開催されることとなり、招聘されるアルテゥーク伯と、従属君主テオ。その途上にある同盟諸国の領土にいかなる姿勢で臨むか。議論が紛糾する中、テオの契約魔法師シルーカは意外な策を提言する―― 【電子特別版】として、巻末には、深遊のキャラクターラフイラストを収録! 電子書籍だけの特別版です!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グランクレスト戦記 3 白亜の公子【電子特別版】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大工房同盟の大国・ヴァルドリンドがアルトゥークへ侵攻を始める中、幻想詩連合の君主会議が西方のハルーシアで開催される事になり、ヴィラールに仕えるテオ達も会議に出席する事に。しかしハルーシアに辿り着くには 大工房同盟の大国・ヴァルドリンドがアルトゥークへ侵攻を始める中、幻想詩連合の君主会議が西方のハルーシアで開催される事になり、ヴィラールに仕えるテオ達も会議に出席する事に。しかしハルーシアに辿り着くには、同盟に加盟している二国の領内を突破せねばならず…。二国を連合に接収するために軍を進めるテオが、セーヴィスで共に戦った者達と再会した際に割れるような大歓声を受けた場面でとても胸が熱くなりました。テオにダンスの際に密着されて(ち、近すぎ…)と赤くなったり、彼に国や爵位よりも大切だと言われたシルーカが可愛かった。 …続きを読む
    スズ
    2017年04月05日
    57人がナイス!しています
  • アルトゥーク周辺が騒がしい中、ヴィラールの元に連合盟主アレクシスより連合盟君主会議開催の知らせが届き、同盟側と和平か戦争か決断を示すことになった今巻。ヴィラールの思惑通りに行きかけながら、覆された結果 アルトゥーク周辺が騒がしい中、ヴィラールの元に連合盟主アレクシスより連合盟君主会議開催の知らせが届き、同盟側と和平か戦争か決断を示すことになった今巻。ヴィラールの思惑通りに行きかけながら、覆された結果として冒頭場面があるということなんですね。従属君主でありながらテオやシルーカも徐々に存在感を増してきて、宿敵との邂逅もありましたが、個人的にヴィラールとマルグレットの関係が気になっていて、今回の騒動を機に戻ってこれるといいな。薄かったですがそれを感じさせない密度で満足。上下巻構成ということで次巻も楽しみです。 …続きを読む
    よっち
    2014年07月20日
    43人がナイス!しています
  • さて今巻はアルトゥーク戦役の前編、規定によるマルグレットの魔法師長解任から始まりアルトゥーク泊が赴いての君主会議を経てヴァルドリンドとの戦い前にミルザーが寝返るまでのお話です。ページ数こそ少ないものの さて今巻はアルトゥーク戦役の前編、規定によるマルグレットの魔法師長解任から始まりアルトゥーク泊が赴いての君主会議を経てヴァルドリンドとの戦い前にミルザーが寝返るまでのお話です。ページ数こそ少ないものの内容としてはアルトゥーク戦役の下地を理解するのに十分な話だと思いました。特にテオと語っていたミルザーの野心の内面が伺い知れたのは興味深かったなと思いました。アニメを見ているのでこの先の戦役の行く末がどうなって行くのかは知ってはいるので辛い部分もありますが…、下巻もこのまま読んでいこうと思います。 …続きを読む
    まるぼろ
    2019年03月01日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品