そっと、抱きよせて 競作集 <怪談実話系>

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041026052

そっと、抱きよせて 競作集 <怪談実話系>

  • 編者 幽編集部
  • 著者 辻村 深月
  • 著者 香月 日輪
  • 著者 藤野 恵美
  • 著者 詠坂 雄二
  • 著者 伊藤三巳華
  • 著者 朱野 帰子
  • 著者 安曇 潤平
  • 著者 朱雀門 出
  • 著者 小島 水青
  • 著者 松村 進吉
  • 監修 東 雅夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041026052

人気作家10名が書き下ろす極上の怪談競作集

田舎町でささやかれる不吉な噂、古い部屋に漂う見えない子どもの気配、霧深き山で出会った白装束の男たち――辻村深月、香月日輪、藤野恵美をはじめ、10人の人気作家がつむぎだす美しく儚い恐怖の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「そっと、抱きよせて 競作集 <怪談実話系>」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前半に集められた女性陣の作品から、男とは違う霊に対する感性をみた。どうやら彼女たちにとってそれは対立するものではなく寄り添うもののように感じられるのだがどうだろう?そういえば、古来…うらめしやと現れる 前半に集められた女性陣の作品から、男とは違う霊に対する感性をみた。どうやら彼女たちにとってそれは対立するものではなく寄り添うもののように感じられるのだがどうだろう?そういえば、古来…うらめしやと現れる者は女性…あ、いやこれは偏見にまみれた考え方だし正確を期するとは言い難いが、女性と幽的の馴染み深さは実際にあるように感じてしょうがない。 …続きを読む
    sin
    2016年08月02日
    73人がナイス!しています
  • こういう競作は相乗効果を生んで良い本になる場合もあるけれど、この本はそれぞれがぼんやりしていてパッとしなかった気がします。あまり力を入れていない感がある作者もチラリホラリ・・。 こういう競作は相乗効果を生んで良い本になる場合もあるけれど、この本はそれぞれがぼんやりしていてパッとしなかった気がします。あまり力を入れていない感がある作者もチラリホラリ・・。
    BlueBerry
    2014年09月14日
    58人がナイス!しています
  • 《視えるんです。》シリーズの伊藤三巳華が読みたくて。ほかにも有名怪談作家の安曇潤平、松村進吉、朱雀門出氏や、あらゆる層に読者を持つ辻村深月、香月日輪先生という豪華執筆陣にワクワク。すみません、藤野恵美 《視えるんです。》シリーズの伊藤三巳華が読みたくて。ほかにも有名怪談作家の安曇潤平、松村進吉、朱雀門出氏や、あらゆる層に読者を持つ辻村深月、香月日輪先生という豪華執筆陣にワクワク。すみません、藤野恵美、朱野帰子、小島水青、詠坂雄二先生は存じ上げませんでした、お初です。十人中、「正月の二日に女が死ぬと、七人道連れにする」という香月先生の『七人道連れ』が◎でした。安曇氏の山怪談は安定のクオリティ○。お初作家さんでは小島先生の『江の島心中』がなかなかでしたばい。 …続きを読む
    グレ
    2019年09月27日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品