平家物語(上) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年08月28日
商品形態:
電子書籍

平家物語(上)

  • 著者 佐藤 謙三
発売日:
2014年08月28日
商品形態:
電子書籍

平家一門の栄枯盛衰を描く一大叙事詩。滅びの過程に仏教の無常感がただよう。

平清盛を中心とする平家一門の興亡に焦点を当て、源平の勇壮な合戦譚の中に盛者必衰の理を語る軍記物語。音楽性豊かな名文は、琵琶法師の語りのテキストとされ、後の謡曲や文学、芸能に大きな影響を与えた。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「平家物語(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  •  無常観と浄土思想が物語を貫く。物語の構成は疑義を差し挟む余地がないほど自然かつ大胆で、国文学史上で抜きん出ていると思う。文体も明晰で淀みがない。古事記以降の国文学の技をあますことなく駆使した総括的な  無常観と浄土思想が物語を貫く。物語の構成は疑義を差し挟む余地がないほど自然かつ大胆で、国文学史上で抜きん出ていると思う。文体も明晰で淀みがない。古事記以降の国文学の技をあますことなく駆使した総括的な文体だと思う。それをもって描かれるあらゆる人々の盛衰に自分を見出してしまう。細かいことは下巻に書く。 …続きを読む
    ヤベ
    2021年08月06日
    2人がナイス!しています
  • 上巻ようやく読み切り。岩波版を四巻揃えるより安そうだったので買ったものの、注釈が少なく、たいうか用語注釈がほとんどない。これはつらかった。登場人物が多いのに加え、役職で呼んだりするため、いったいこの大 上巻ようやく読み切り。岩波版を四巻揃えるより安そうだったので買ったものの、注釈が少なく、たいうか用語注釈がほとんどない。これはつらかった。登場人物が多いのに加え、役職で呼んだりするため、いったいこの大臣はどの大臣といったことも多々。でも面白いこと、面白いこと。下巻に突入。 …続きを読む
    ukmsblue
    2020年08月30日
    2人がナイス!しています
  • 上巻(1~7巻)読了。注釈が少なく不親切なのでつらい箇所がいくつかある。8巻以降は岩波で読む予定。巨大組織が傾いて、誰もがやばいと思いながらどうしようもなくなっていく様子が身につまされる。俊寛や祇王の 上巻(1~7巻)読了。注釈が少なく不親切なのでつらい箇所がいくつかある。8巻以降は岩波で読む予定。巨大組織が傾いて、誰もがやばいと思いながらどうしようもなくなっていく様子が身につまされる。俊寛や祇王の段、忠度都落ちの段など入試や模試でもおなじみのシーンがやはり面白い。ただ各段を散発的に読んでいた時と違って、全体として宗教的な力を大きく感じた。叡山や興福寺など仏教勢力が政治に影響している点と、語り自身が仏教的世界観持つ点が相互に作用して仏教感の強い作品にしている面に目がいった。 …続きを読む
    k.ichihara
    2021年02月08日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品