ロムニア帝国興亡記III ─運命を別つ選択─

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040701950

ロムニア帝国興亡記III ─運命を別つ選択─

  • 著者 舞阪 洸
  • イラスト エレクト さわる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040701950

内憂の皇位継承、外患の異民族襲来にサイファカールの策が冴える

わずかな手勢で新たな地盤を確保したサイファカール。だが、英雄候補は彼だけではなかった。群雄たちも皇位、領土、富を求めて動きだす。そして、ついに“皇帝崩御”の報が伝わり、異民族の大軍勢進撃が始まり――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロムニア帝国興亡記III ─運命を別つ選択─」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 皇帝の事故死が明らかになったことで、皇位継承を巡って皇太子だけでなく、皇子や皇女たちも動き出し、初動で彼らや将軍たちがどのように動いたかというお話。野心から帝都へ進軍するロキシーヌの留守を突いて巧みに 皇帝の事故死が明らかになったことで、皇位継承を巡って皇太子だけでなく、皇子や皇女たちも動き出し、初動で彼らや将軍たちがどのように動いたかというお話。野心から帝都へ進軍するロキシーヌの留守を突いて巧みに根拠地を陥れたサイファカールは、寡兵かつ流動的な要素が多い綱渡りの状況で、北からの遊牧民襲来や、周辺との関係に巧みな手を打ったと思いましたが、一転して窮地に陥ってしまいました。撤退する予定だったはずが、民の声に応えあえて残った選択がどう先に繋がるか。別になくてもいい描写も多いですが、戦記ものとして面白いです。 …続きを読む
    よっち
    2014年06月21日
    33人がナイス!しています
  • 第四皇子率いる軍勢が帝都へと進軍を開始した留守に乗じて、僅かな手勢でのロクサス占拠に成功した前巻。【皇帝崩御】の報せを受けて、傀儡政権の樹立を画策する宰相・逆賊を討つべく進軍する者・地歩を固める者・部 第四皇子率いる軍勢が帝都へと進軍を開始した留守に乗じて、僅かな手勢でのロクサス占拠に成功した前巻。【皇帝崩御】の報せを受けて、傀儡政権の樹立を画策する宰相・逆賊を討つべく進軍する者・地歩を固める者・部下の意思統一を図る者・帝国の版図拡大のみを考える常勝将軍・神輿として担ぎ出された者、各地に散らばる綺羅星の如き群雄たちによる帝国の後継者を巡る争いも本格化し、偵察部隊3万を率いて国境へと侵攻を開始した騎馬民族。撤収か留まるか?選択を迫られるサイファカールが下した大きな決断とは……。帝国興亡記シリーズ第3弾。 …続きを読む
    Tomokazu Kumada
    2014年08月27日
    28人がナイス!しています
  • 各勢力も動き出した事でようやく物語が動いてきたって感じがしますね。肝心のサイファカール側は交渉がメインで大きな盛り上がりはなかったけど確実に次への基盤を作りつつ今後期待できるような展開に持って行ってく 各勢力も動き出した事でようやく物語が動いてきたって感じがしますね。肝心のサイファカール側は交渉がメインで大きな盛り上がりはなかったけど確実に次への基盤を作りつつ今後期待できるような展開に持って行ってくれたのは良かった。マイナスなのは相変わらず無駄に入ってくるエロシーンでしょうか。別に入れるのは構わないんですけどこういう真っ当な戦記モノだと流れを止めちゃうのが残念。次巻は11月という事ですがサイファカールはどのようにして英雄に至るのか楽しみですね。 …続きを読む
    まりも
    2014年06月22日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品