拝み屋郷内 怪談始末

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040667454

拝み屋郷内 怪談始末

  • 著者 郷内 心瞳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040667454

現役の拝み屋が見聞きした、自身の体験談を含む恐怖譚

――語ることが、おそらく供養にもつながる。戸の隙間から覗く痩せこけた女。著者につきまとう謎の少女。決して語ってはならない封印怪談。東北の山中で拝み屋を営むかたわら見聞きした、鮮烈な怪異を書き上げる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋郷内 怪談始末」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今年の夏も郷内心瞳さんの怪談を読ませて頂きました。実話怪談を短編と、連作で収録。郷内さんは、いわゆる「拝み屋」さんです。私も今まで二人ほどの拝み屋さんに、拝んでもらったことがあり、生々しい怖さを感じま 今年の夏も郷内心瞳さんの怪談を読ませて頂きました。実話怪談を短編と、連作で収録。郷内さんは、いわゆる「拝み屋」さんです。私も今まで二人ほどの拝み屋さんに、拝んでもらったことがあり、生々しい怖さを感じます。「婆ちゃん」や「弁天さん」で怖いけどいい話かと思いきや、「桜の君」、連作「桐島加奈江」、同「奇跡の石」から始まる連作とたたみかける様に怖さのレベルが上がります。蒸し暑い夏の夜の部屋も温度が下がります。郷内心瞳さんは今の実話怪談作家で、指折りの名手だと思います。一部の怪談は現在進行形のため怖くてなりません。 …続きを読む
    yoshida
    2016年08月07日
    156人がナイス!しています
  • これといった因縁なしに起こる怪異譚が多く、中には幻覚かと思う話もあった。面白かったのは、著者が中2のころ夢の中で出会った加奈江という女友達の話。彼女はなぜか祓えない化け物となって現実の世界に何度も現れ これといった因縁なしに起こる怪異譚が多く、中には幻覚かと思う話もあった。面白かったのは、著者が中2のころ夢の中で出会った加奈江という女友達の話。彼女はなぜか祓えない化け物となって現実の世界に何度も現れるのである。後半は業の深い話が増え、いつしか読者である私も著者のいう怪談の「始末」に参加している気分にさせられた。というのも本書の話は他人事なのに妙に馴染めるからだ。そこには忘れかけていた身体の違和感や、異変を一瞬感じながら素通りしてきた体験、もしくは夢の記憶などがぎっしり詰まっているように思われるのだった。 …続きを読む
    夜間飛行
    2018年10月18日
    107人がナイス!しています
  • 拝み屋を営んでいる筆者による実話怪談。そうは言うが、これが本当に実際の体験や伝聞によるものなのか、判断に迷うところである。この世のものならぬ異形の存在が、あまりにも生々しく、平気で生者に仇なしていく。 拝み屋を営んでいる筆者による実話怪談。そうは言うが、これが本当に実際の体験や伝聞によるものなのか、判断に迷うところである。この世のものならぬ異形の存在が、あまりにも生々しく、平気で生者に仇なしていく。本当かねと思わざるを得ない。読んで怖いとともに、自分にはそういう妖しのものを見る目も感じる能力もさらさらなくて良かったと思うだけである。最も怖かったのは、何故か無性に仏壇に向かって拝みたくなり、拝むと数日中に身近な人間が誰か死ぬという話。直接的な害でないだけに生々しくて気味が悪い。ぞわぞわ感がたまらんのう。 …続きを読む
    ハイランド
    2017年11月24日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品