試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年04月23日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784046002471

ワイド版 東京今昔散歩

  • 著者 原島広至
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年04月23日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784046002471

古地図と古写真が大きく見やすくなって東京の今昔散歩がもっと楽しくなる!

大好評の文庫判『東京今昔散歩』が大きく見やすくなって再登場!東京の江戸から伝わる風情を味わい、明治・大正の変貌をたどって現地で東京の今昔の違いを見比べて楽しめるオールカラーの東京歴史散歩本の決定版。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「ワイド版 東京今昔散歩」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 手彩色写真とはカラー印刷技術が開発されていない当時、写真の台頭により仕事が減った浮世絵職人らによる彩色で塗り手によって違いが生じる為大量生産では味わえない趣がある。上野で開かれた内国勧業博覧会の売れ残 手彩色写真とはカラー印刷技術が開発されていない当時、写真の台頭により仕事が減った浮世絵職人らによる彩色で塗り手によって違いが生じる為大量生産では味わえない趣がある。上野で開かれた内国勧業博覧会の売れ残りを処分する為に陳列販売から始まったデパートの前身観工場、映画館に建てられた幟に浮き立つ人々の興奮にこっちまでワクワク。印象的なのは神田神保町の古書店成立までの経緯、人力車を考案した店がいつしかあんぱんを考案した木村屋になっていたり、鹿鳴館の門が薩摩藩中屋敷の正門でその不釣合さに西洋化を急いだ様子が見て取れる …続きを読む
    オリーブ
    2021年07月29日
    19人がナイス!しています
  • 彩色絵はがきや古地図そして現在の写真によって過去と現在を行ったり来たりとワクワクしながら江戸から東京への変遷を楽しむことが出来た。今を生きる私たちはこうして昔の写真を眺めながらすでに無くなってしまった 彩色絵はがきや古地図そして現在の写真によって過去と現在を行ったり来たりとワクワクしながら江戸から東京への変遷を楽しむことが出来た。今を生きる私たちはこうして昔の写真を眺めながらすでに無くなってしまったり、今も現存している建物に思いを馳せることができるのだが、昔の人たちが今の写真と比べてみることが出来たらどう感じるだろうか。そんな風に彼らと話してみたい気もしてきた。カラー印刷技術の開発以前の手による彩色による絵葉書も個々のセンスによって様々で同じ景色でも違った印象を与えるというのも当時の特色として面白い …続きを読む
    オリーブ
    2017年01月28日
    6人がナイス!しています
  • 江戸城の天守閣は、江戸初期の50年だけ建っていた。明暦の大火で消失 江戸初期には、日比谷入江があり、江戸城したまで海だった。そこを埋め立てて大名屋敷に 江戸城の天守閣は、江戸初期の50年だけ建っていた。明暦の大火で消失 江戸初期には、日比谷入江があり、江戸城したまで海だった。そこを埋め立てて大名屋敷に
    みやちゅー
    2016年05月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品