BLAZBLUE―ブレイブルー―3 コンティニュアムシフト〈上〉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784829147474

BLAZBLUE―ブレイブルー―3 コンティニュアムシフト〈上〉

  • 著者 駒尾 真子
  • 原案・監修 森利道(アークシステムワークス)
  • イラスト 杉山友希(アークシステムワークス)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784829147474

絡み合う“確率事象”の中で、新たな《蒼》の物語が始まる!

永遠に続くと思われた輪廻は、蒼の継承者・ノエルの介入により終焉を迎えた。だが、ラグナからすべてを奪った男・テルミも復活を果たす。一方、ジンとノエルの暗殺の命を受けたツバキは封印兵装「十六夜」を――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「BLAZBLUE―ブレイブルー―3 コンティニュアムシフト〈上〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラグナとノエルのやり取りが微笑ましいなー…とか思ってたら、最終的にはちょっと雲行きが怪しくなってしまってしょんぼりです。まあ、ラグナにとっては割り切れない部分があるにしても、行き成り訳も解らずあの態度 ラグナとノエルのやり取りが微笑ましいなー…とか思ってたら、最終的にはちょっと雲行きが怪しくなってしまってしょんぼりです。まあ、ラグナにとっては割り切れない部分があるにしても、行き成り訳も解らずあの態度をとられたら大層哀しいだろうな…と思うので複雑です。 出先で読んで居たのですが、ノエルに対するタオカカの「ない人!!」発言と、それに対するノエルのリアクションには、思わず爆笑してしまいそうになりました。というかライチとタオの胸に比べたら大抵の人が「ない人」です。 やっぱり根本的にはラグナは「いい人」ですね…。 …続きを読む
    日奈月 侑子
    2016年05月24日
    3人がナイス!しています
  • 格闘ゲームのノベライズ。文章が丁寧で、分かりやすいです。事象干渉の説明も分かりやかった。ゲームでは説明できなかった部分を後付けで説明している感もあります。ゲームをプレイした後に読むのが一番良いかな。下 格闘ゲームのノベライズ。文章が丁寧で、分かりやすいです。事象干渉の説明も分かりやかった。ゲームでは説明できなかった部分を後付けで説明している感もあります。ゲームをプレイした後に読むのが一番良いかな。下巻、早く読みたい。 …続きを読む
    ゆみまき
    2013年10月19日
    3人がナイス!しています
  • ゲームではそれぞれのキャラの視点での物語を統合して一つの大きな物語が出来上がってたけど、小説版では始めからひとつの物語として書かれているので理解がしやすい。それにおそらくオリジナルの要素も入っているけ ゲームではそれぞれのキャラの視点での物語を統合して一つの大きな物語が出来上がってたけど、小説版では始めからひとつの物語として書かれているので理解がしやすい。それにおそらくオリジナルの要素も入っているけど違和感が無いから問題なし。下巻ではハクメンとツバキのシーン入ってるかな?あそこはジンにも見せないツバキのミーハーな面が可愛くて好きなんだよなあ… …続きを読む
    heavygamer
    2013年09月27日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品