BLAZBLUE‐ブレイブルー‐1 カラミティトリガー〈上〉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829147078

BLAZBLUE‐ブレイブルー‐1 カラミティトリガー〈上〉

  • 著者 駒尾 真子
  • 原案・監修 森利道(アークシステムワークス)
  • イラスト 杉山友希(アークシステムワークス)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829147078

大人気格闘ゲームのシリーズ一作目が待望の小説化!

強力な力を持つ「蒼の魔道書」を巡る戦いを描く人気格闘ゲーム『ブレイブルー』の物語が、小説として再構築される。第十三階層都市カグツチに“死神”ラグナが足を踏み入れる時、禁断の“運命の輪”が回り出す――!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「BLAZBLUE‐ブレイブルー‐1 カラミティトリガー〈上〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 此処までの流れはゲームでやった所なので、取り敢えず記憶を辿りつつ読みました。時系列がちゃんとしてるので、昔ゲームでやった時より解りやすくて、結構すんなり読めた気がします…。初代作プレイ時に居なかったハ 此処までの流れはゲームでやった所なので、取り敢えず記憶を辿りつつ読みました。時系列がちゃんとしてるので、昔ゲームでやった時より解りやすくて、結構すんなり読めた気がします…。初代作プレイ時に居なかったハザマやツバキの存在もきちんと入れ込まれた上で、各々の視点で進められているのも大きかったです。あと、ラグナの幼少時代の話も、ざっくりとしか把握していなかったのですが、改めて読むと凄まじい状況だなと思ったり。 最初はジンのツバキが秘書官だったのに、次のターンではノエルに変わっていたりした切っ掛けが気になる所です。 …続きを読む
    日奈月 侑子
    2016年05月24日
    3人がナイス!しています
  • 懐かしかった! 懐かしかった!
    なかひと
    2018年10月28日
    2人がナイス!しています
  • 中途半端にアニメを見てから読んだので「どういうこと?」って終始なっていました…。この巻はまるまる序章って感じですね。下巻でこのループこどうなるのか楽しみです。 中途半端にアニメを見てから読んだので「どういうこと?」って終始なっていました…。この巻はまるまる序章って感じですね。下巻でこのループこどうなるのか楽しみです。
    2013年10月28日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品