夜明けを知らずに ―天誅組余話― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年05月30日
商品形態:
電子書籍

夜明けを知らずに ―天誅組余話―

  • 著者 仲町 六絵
発売日:
2013年05月30日
商品形態:
電子書籍

幕末 ―― 激動の時代に、新時代の先駆けとなって散った志士たちがいた。

時は明治維新から遡ること五年、文久三年(1863年)八月。大和地方の十津川郷を、倒幕のため決起せんとする維新志士集団 『天誅組』 が訪れる。 十津川郷に住む少年・野崎雅楽は、兄であり天誅組の協力者である野崎主計、そして幕府により父を投獄され喪った少女・市乃とともに、戸惑いを感じながらもその行軍に同行することとなるのだが……。 新時代への理想にあふれた決起から、一転して逆賊とされ、幕府軍の討伐によって命を散らせることになった維新志士たち。その行く末を、彼らと道を共にした少年の成長とともに鮮やかな筆致で描きだす、新たなる歴史異聞譚。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜明けを知らずに ―天誅組余話―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • さらりとした天誅組の本を読みたく手に取る!しかし総裁の吉村虎太郎ではなく野崎主計の弟が主人公。こちらを主人公とすることで討幕を掲げた天誅組を内からではく、間接的に見ているいう物語となっている。幕末に維 さらりとした天誅組の本を読みたく手に取る!しかし総裁の吉村虎太郎ではなく野崎主計の弟が主人公。こちらを主人公とすることで討幕を掲げた天誅組を内からではく、間接的に見ているいう物語となっている。幕末に維新という夜明けを知らずに散っていく天誅組の史実を基にしたお話で、ライトで読みやすい。ざっくりとした天誅組の本を読むには良い本かな。。 …続きを読む
    レアル
    2015年02月01日
    70人がナイス!しています
  • 仲町六絵さんの2作目。十津川郷士の少年の視点から、幕末天誅組の騒動を描く。天誅組事件をきちっと扱った小説は初めてで興味深かった。吉村虎太郎が素晴らしく魅力的。主人公兄弟とそれに絡む梅田雲浜の娘もとても 仲町六絵さんの2作目。十津川郷士の少年の視点から、幕末天誅組の騒動を描く。天誅組事件をきちっと扱った小説は初めてで興味深かった。吉村虎太郎が素晴らしく魅力的。主人公兄弟とそれに絡む梅田雲浜の娘もとてもよかった。 …続きを読む
    巨峰
    2012年05月31日
    14人がナイス!しています
  • 私の一番苦手な時代・・・。明治維新までのお話。坂本龍馬とか高杉晋作とか、そういう超有名人たちではなく、維新志士「天誅組」の史実をもとにしたお話。主人公野崎雅楽(うた)は創作ですが、兄の主計(かずえ)な 私の一番苦手な時代・・・。明治維新までのお話。坂本龍馬とか高杉晋作とか、そういう超有名人たちではなく、維新志士「天誅組」の史実をもとにしたお話。主人公野崎雅楽(うた)は創作ですが、兄の主計(かずえ)などは実在だそうです。十津川郷(現在の奈良県)の人々は、倒幕を目的として立ち上がった維新志士に参加したものの、味方から裏切られ逆賊として追われることに。病気や怪我、戦いで散っていくいくつもの命を、雅楽の視点でえがいていてなんとも切ない。神様登場したりちょっぴりファンタジーもあり。救いのあるラストでよかったぁ。 …続きを読む
    みとん
    2016年05月17日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品