狂桜記 -大正浪漫伝説- 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年02月28日
商品形態:
電子書籍

狂桜記 -大正浪漫伝説-

  • 著者 栗本 薫
発売日:
2014年02月28日
商品形態:
電子書籍

仄暗い桜屋敷の〈死〉から少年の大人への旅が始まる

中学生の柏木幹彦が暮らす家は近所から桜屋敷と呼ばれる古い屋敷だった。ある日、幹彦は入ってはいけないと言われている西の土蔵にいとこの聡とともに近づき、得体の知れぬ声を聞いてしまう。そしてその翌日、家にある“中将桜”で首を吊った聡が発見される。さらにいとこのまさ枝も行方が分からなくなってしまう……。桜屋敷に秘められた謎が奇怪な殺人事件を引き起こす。大正時代を舞台に描くゴシック・ミステリ。

メディアミックス情報

NEWS

「狂桜記 -大正浪漫伝説-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 子供達の不幸と一族の没落は、人としての愛情の無さや身勝手さが原因だろう。お金が有りすぎると人は傲慢になったり、そこにしがみつく。聡やまさ江の変死、屈折した幹彦の心、土蔵に半幽閉される透子、美しい母に聖 子供達の不幸と一族の没落は、人としての愛情の無さや身勝手さが原因だろう。お金が有りすぎると人は傲慢になったり、そこにしがみつく。聡やまさ江の変死、屈折した幹彦の心、土蔵に半幽閉される透子、美しい母に聖彦叔父等、暗い部分が多い話。大正浪漫?想像したのとは違っていた。ミステリーというより旧家没落&幹彦少年の成長物語と言った感じだった。 …続きを読む
    ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ
    2015年02月23日
    43人がナイス!しています
  • 舞台は大正。謎めいた屋敷で暮らすのは大勢の、血の繋がりすら知れぬ人々とそのお子達。崇高なまでに美しく触れない幻のような母。謎のマントの男。優雅で豪奢な着物たち。少女が歌う独逸語の旋律。さんざめくような 舞台は大正。謎めいた屋敷で暮らすのは大勢の、血の繋がりすら知れぬ人々とそのお子達。崇高なまでに美しく触れない幻のような母。謎のマントの男。優雅で豪奢な着物たち。少女が歌う独逸語の旋律。さんざめくようなねえやたちの噂話。季節外れに狂い咲く桜…。そんな幻想の中で起こる子供たちの不審な死。さくさく終結し過ぎかなと思ったのですが、儚く妖しく危ういものが好きな方だと楽しめます。敷き詰められた着物の鮮やかな海に縫いとめられ、倒錯と退廃と罪に溺れてゆく美少年の描写はもっと執拗でも良かった。仄暗く背徳的で良い演出でした。 …続きを読む
    カナン
    2014年10月21日
    42人がナイス!しています
  • 大人でも子供でもない時期の苛立ち、加虐心を煽る弱い者への虐め、憧れの存在への思慕、周りを知るにつれて分かってくる家庭の歪さの描写が抉るようでした。赤マントの解釈が「子どもの無事を祈りながらも子供が消え 大人でも子供でもない時期の苛立ち、加虐心を煽る弱い者への虐め、憧れの存在への思慕、周りを知るにつれて分かってくる家庭の歪さの描写が抉るようでした。赤マントの解釈が「子どもの無事を祈りながらも子供が消えることを心の底では望んでいた親の心の象徴」というのに子供に本当は幻想でしかない幸せな家庭像を教え込ませることに心底、憎悪していた者としては「ああ、そうか」と思ってしまいます。どんな子供でも親でも所詮、他人の人間同士でそれぞれ不幸。癩病であっただろう透子の無邪気故の残酷さと心などの弱さや醜さを蔑むが好きでした。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2012年10月25日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品