陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1

陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月24日
商品形態:
電子書籍

陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1

  • 著者 藤木 稟
発売日:
2013年01月24日
商品形態:
電子書籍

美しき盲目の探偵・朱雀十五の事件簿が幕を開ける!

昭和9年、浅草。神隠しの因縁まつわる「触れずの銀杏」の下で発見された男の死体。だがその直後、死体が消えてしまう。神隠しか、それとも……? 一方、取材で吉原を訪れた新聞記者の柏木は、自衛組織の頭を務める盲目の青年・朱雀十五と出会う。女と見紛う美貌のエリートだが慇懃無礼な毒舌家の朱雀に振り回される柏木。だが朱雀はやがて、事件に隠された奇怪な真相を鮮やかに解き明かしていく。朱雀十五シリーズ、ついに開幕!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1522-218-49 ☆メイ探偵祭№5☆ 朱雀十五シリーズ第一弾。朱雀十五シリーズだがストーリーテラーは記者の柏木。時代設定こそ第二次大戦前だが立川真言流とか世界観に京極堂シリーズに似通っている。今 1522-218-49 ☆メイ探偵祭№5☆ 朱雀十五シリーズ第一弾。朱雀十五シリーズだがストーリーテラーは記者の柏木。時代設定こそ第二次大戦前だが立川真言流とか世界観に京極堂シリーズに似通っている。今のところ朱雀の盲目の設定にあまり意味が見いだせないのが残念。 …続きを読む
    Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。
    2016年06月26日
    45人がナイス!しています
  • バチカンシリーズから。舞台が日本だからこっちの方が馴染みがあるかなー、と思ったけどそんなことは無かった(笑)相変わらず1回読んだだけではイメージが出来ず何回も繰り返し読みました。本当にこの先生の作品は バチカンシリーズから。舞台が日本だからこっちの方が馴染みがあるかなー、と思ったけどそんなことは無かった(笑)相変わらず1回読んだだけではイメージが出来ず何回も繰り返し読みました。本当にこの先生の作品は読み込み甲斐がある。途中ミステリーじゃなくてホラーなんじゃないかと思いましたが、ミステリーでした。一応。次巻も語り部は柏木君なのかな?今回不憫だったから次出てきたら良い扱いして欲しい…。 …続きを読む
    和夜
    2016年10月16日
    38人がナイス!しています
  • 主人公の柏木君と一緒に最後まで翻弄されて終わりました(笑)。でも、このおどろおどろした雰囲気がいい感じだったので良しとします!朱雀さんもなかなか謎が多くて素敵でしたね~。 主人公の柏木君と一緒に最後まで翻弄されて終わりました(笑)。でも、このおどろおどろした雰囲気がいい感じだったので良しとします!朱雀さんもなかなか謎が多くて素敵でしたね~。
    ダージリン
    2012年11月16日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品