角川文庫(海外)

パズル・パレス(上)

発売日:
2012年12月12日
商品形態:
電子書籍
パズル・パレス(上) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

パズル・パレス(上)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
  • 訳者 熊谷 千寿
発売日:
2012年12月12日
商品形態:
電子書籍

『ダ・ヴィンチ・コード』の原点がここにある。

史上最大の諜報機関にして暗号学の最高峰、米国家安全保障局のスーパーコンピュータ〈トランスレータ〉が狙われる。対テロ対策として開発され、一般市民の通信をも監視可能なこの存在は決して公に出来ない国家機密だった。が、この状況に憤った元局員が、自ら開発した解読不可能な暗号ソフトを楯に〈トランスレータ〉の公表を迫る。個人のプライバシーか、国家の安全保障か。情報化時代のテロをスリリングに描いたスリラー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パズル・パレス(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 暗号の秘密が刻まれた指輪を追っての追跡劇、それと同時にNSA内部でも暗号解読の作業が進められる。内部に裏切りの気配もあり目が離せない。場面切り替えも多くスピーディーだ。読めばそれなりに面白いがお勧めす 暗号の秘密が刻まれた指輪を追っての追跡劇、それと同時にNSA内部でも暗号解読の作業が進められる。内部に裏切りの気配もあり目が離せない。場面切り替えも多くスピーディーだ。読めばそれなりに面白いがお勧めするほどではない。薀蓄の暗号の話は、専門用語が多いがほとんど誤用で技術的な会話にほぼ意味はない。そういう所に突っ込みを入れるのは筋違いだが、意味がない専門用語にページ数を使いすぎだろう。 本作はブラウンの処女作だそう。その割にはよくできているといった感じ。 下巻に進む。 …続きを読む
    absinthe
    2016年01月23日
    64人がナイス!しています
  • 図書館の本。上巻しか無くて、夢中で読んで激しく後悔!(。>д<)『…つ、続きが気になるぅ!!(T△T)』夕方の慌ただしい時間に台風が来る前にと、自転車で図書館に駆け出した!ダッシュ!-=≡ヘ(*・ω 図書館の本。上巻しか無くて、夢中で読んで激しく後悔!(。>д<)『…つ、続きが気になるぅ!!(T△T)』夕方の慌ただしい時間に台風が来る前にと、自転車で図書館に駆け出した!ダッシュ!-=≡ヘ(*・ω・)ノ!しかし、図書館の棚に無かった…( ノД`)…。帰ろうとしたその時、返却棚にポツリと残った1冊(´✪ω✪`)キラーン!まさかな~(ヾノ・∀・`)ナイナイ…。でも一応…ヾ(^^ヘ)ええ?Σ('ω'ノ)ノ!うそ!ホントー!!(✪▽✪)ヤッタア!\(^o^)/ と言うわけで(笑)さあ、下巻読むぞー! …続きを読む
    ねむねむあくび♪
    2014年08月08日
    63人がナイス!しています
  • 特に好きな作家ではないと言いながらラングドン・シリーズはしっかり読んでいる。処女作と言うべきか習作と言うべきか…『ダ・ヴィンチ・コード』のミリオンヒットがなければ文庫化されなかった筈。CIAが登場する 特に好きな作家ではないと言いながらラングドン・シリーズはしっかり読んでいる。処女作と言うべきか習作と言うべきか…『ダ・ヴィンチ・コード』のミリオンヒットがなければ文庫化されなかった筈。CIAが登場するミステリは多いが最強の盗聴機関NSAを扱った作品は珍しい。エンセイ・タンカドとトクゲン・ヌマタカという珍妙な名の日本人が登場するが前者は何と関西のD大卒。欧米作家のミステリに母校が登場するのは恐らくこれが初めてだろう。最後かも?悪役NSA職員はいつも豆腐を丸齧りし日経新聞の名もチラリと出る。実に妙な日本趣味。 …続きを読む
    ntahima
    2011年08月20日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品