さよならが君を二度殺す 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年06月28日
商品形態:
電子書籍

さよならが君を二度殺す

  • 著者 黒井 卓司
発売日:
2012年06月28日
商品形態:
電子書籍

圧倒的リーダビリティで描かれる衝撃のモダン・ホラー!

山間部の村で5人の人間が消えた。彼らは半日後に無事発見されたが、失踪時の記憶が揃って失われていた。それから32年後、当事者の一人、慎吾は死んだはずの妻の声が聞こえるようになり、幼馴染みの康夫と剛にも特殊な能力が発現する。人智を超えた知恵と技術、思念で人を操る力。これを与えるのは神か悪魔か。空白の過去に隠された戦慄の秘密が明かされてゆく……。圧倒的リーダビリティの第18回日本ホラー小説大賞最終候補作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さよならが君を二度殺す」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 四国の山村。五人が失踪し半日後に発見されたが、彼らはその間の記憶がなかった。 そして32年後、彼らの頭の中で声が聞こえる。なんというか、デビュー作にしては筆がこなれているというか、読者を引っ張るエネル 四国の山村。五人が失踪し半日後に発見されたが、彼らはその間の記憶がなかった。 そして32年後、彼らの頭の中で声が聞こえる。なんというか、デビュー作にしては筆がこなれているというか、読者を引っ張るエネルギーとスピード感の勘所を弁えているというか、まぁとにかくしっかり面白い。角川ホラー文庫でのデビューだが、普通に文芸レーベルでちゃんと売り出しさえすればもっと成長が期待できた作家だと思うのだが。5年ぶりに出た第2作も悪くはなかったが切れ味はやや鈍っていた。今では本業タクシードライバーになってしもてるやないか…。 …続きを読む
    あも
    2012年05月10日
    79人がナイス!しています
  • ★★★☆☆_「暗く黒い夜の底からフェア」第九弾。ドバッと雨が降ってる日って、外の世界と遮断されてるようで本を読むのが心地良いから好き。まあレビューと関係ないんだけど。集団記憶喪失を経験したとある山あい ★★★☆☆_「暗く黒い夜の底からフェア」第九弾。ドバッと雨が降ってる日って、外の世界と遮断されてるようで本を読むのが心地良いから好き。まあレビューと関係ないんだけど。集団記憶喪失を経験したとある山あいの村人たちの、失われた記憶に秘められた秘密とは。読み終えて素直に思ったのは、何故に角川ホラー文庫からだしたのか、ということ。何言ってもネタバレになるのでやめておくが、あんな感じのこんな感じなので、角川ホラーから出しちゃうと安く見えちゃう。ちなみに本を読み慣れてる人なら、多分中盤あたりでオチが読めると思うのだ。 …続きを読む
    キャプテン
    2017年09月29日
    59人がナイス!しています
  • とある村で5人が半日行方不明になる、そして32年後…。オカルト?SF?32年前のことや轢き逃げ事件の真相のミステリ?いや能力もの?からの途中から…。確かにリーダビリティは高く、あっという間に読み進め、 とある村で5人が半日行方不明になる、そして32年後…。オカルト?SF?32年前のことや轢き逃げ事件の真相のミステリ?いや能力もの?からの途中から…。確かにリーダビリティは高く、あっという間に読み進め、なんだかんだ面白かった。しかしレーベルもタイトルも表紙も何か違う…こういう作品が好きな人にちゃんと届いてない気がする。うまく仕掛ければ話題作になりそう。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2018年09月01日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品