ばんば憑き

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月11日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784404042248

ばんば憑き

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月11日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784404042248

湯治旅を終えた若夫婦が、帰途、雨で足止めとなり老女との相部屋を引き受けた。老女が語り出す50年前の忌まわしい出来事とは…。全6話。ベストセラーが待望のノベルス化!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ばんば憑き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • “坊主の壺”の奇妙さと表題の“馬場憑き”の異様な迫力に頁を繰る手が止まらない。一方角川文庫版では表題となる“お文の影”と“野槌の墓”の切なさに涙した。それにしても子供を使うのは卑怯だ「泣いてしまうやろ “坊主の壺”の奇妙さと表題の“馬場憑き”の異様な迫力に頁を繰る手が止まらない。一方角川文庫版では表題となる“お文の影”と“野槌の墓”の切なさに涙した。それにしても子供を使うのは卑怯だ「泣いてしまうやろ」。一転〈三島屋変調百物語〉に登場した寺子屋の面々が活躍する“討債鬼”や一風変わった妖怪退治の“博打眼”の巧みさにはお見事と言う他に言葉を知らない。いずれの物語も夏の夜に一服の清涼剤となってその暑苦しさを忘れさせてくれること請け合いだ。 …続きを読む
    sin
    2017年07月10日
    72人がナイス!しています
  • ぞっとするもののけの話のはずなのに、宮部さんの手にかかると最後はホロッとしたり憎めなくなるのが不思議。面白い話ばかりでした(*^O^*) ぞっとするもののけの話のはずなのに、宮部さんの手にかかると最後はホロッとしたり憎めなくなるのが不思議。面白い話ばかりでした(*^O^*)
    たーちゃん
    2014年06月14日
    62人がナイス!しています
  • 以前読んだ(あやし)(おそろし)の怪談話とは少し違う感じがしました。全6話のショートストーリーからなる小説。中でも一番面白かったのが、討債鬼(とうさいき)の話。宮部みゆきの時代物はしっとりと心に響く物 以前読んだ(あやし)(おそろし)の怪談話とは少し違う感じがしました。全6話のショートストーリーからなる小説。中でも一番面白かったのが、討債鬼(とうさいき)の話。宮部みゆきの時代物はしっとりと心に響く物が多くて読みやすくて好きです。 …続きを読む
    バニラ @
    2013年09月05日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

いわゆる怪談、を読むのはほとんど初めてでした。それが、こんなにも心揺さぶられるとは!と自分でも驚きました。江戸時代を背景に六つの哀しい怪奇譚が描かれます。最初から最後まで息を詰めるように読み終えた時、私の胸中には去って行く彼ら、彼女らの気配が濃厚に残っていました。(マーさん)

素晴らしいとしか言いようがない。読み出したら止める事が出来ない。一気に息も出来ないぐらいの勢いで読み切ってしまいます。宮部さんの作品はどれもそうですが、その場面が目の前に広がってきます。まるで江戸時代にタイムスリップしたような感覚になってしまいます。(covaner999さん)

またしても宮部ワールドに引き込まれてしまいました。不思議な、ありそうななさそうな話の数々・・・読みながら自分も背筋が寒くなったり、思わず腕をさすったり・・・ちょっと切ない、哀しいそんな短編が詰まってます。人間の性を旨く絡めたストーリーに脱帽です。(mu-nyanさん)

最近チェックした商品