中央線で猫とぼく あの日、あのコと目があって

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月31日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840124751

中央線で猫とぼく あの日、あのコと目があって

  • 著者 北尾 トロ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月31日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840124751


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「中央線で猫とぼく あの日、あのコと目があって」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 猫と人間の良い距離感がある。 私は猫を飼ったことがないけれど 猫てこんなことするのー?と魅了されてしまった。 キチリとしない苦しくない文章で、和む一冊でした。 猫と人間の良い距離感がある。 私は猫を飼ったことがないけれど 猫てこんなことするのー?と魅了されてしまった。 キチリとしない苦しくない文章で、和む一冊でした。
    栞子
    2015年06月04日
    4人がナイス!しています
  • 表紙写真が反則級の可愛いらしさ。気が付いたら本を手にしていた。著者の若い頃の猫のエピソード。ごはんを食べて泊まっていき、朝窓から出ていく。通い婚みたいな猫の暮らしが、昭和のレトロな雰囲気をうまく伝えて 表紙写真が反則級の可愛いらしさ。気が付いたら本を手にしていた。著者の若い頃の猫のエピソード。ごはんを食べて泊まっていき、朝窓から出ていく。通い婚みたいな猫の暮らしが、昭和のレトロな雰囲気をうまく伝えていた。今はどうなんだろう。高円寺界隈の古い住宅街なら、ありそうだけど。 …続きを読む
    くまこ
    2013年02月04日
    4人がナイス!しています
  • 初めましての作家さん。図書館で見つけて借りて読みました。猫がいる日常がどんなに幸せかというのがこれもか、って感じで伝わってきました。猫好きならではの視線で描かれた内容も楽しく読めました。 初めましての作家さん。図書館で見つけて借りて読みました。猫がいる日常がどんなに幸せかというのがこれもか、って感じで伝わってきました。猫好きならではの視線で描かれた内容も楽しく読めました。
    どらちゃん
    2015年02月18日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品