危険な歴史書 「古史古伝」と「偽書」の謎を読む

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784404041678

危険な歴史書 「古史古伝」と「偽書」の謎を読む

  • 著者 『歴史読本』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784404041678

「古史古伝」の内容やその論争について解説するとともに、日本の偽書・偽系図や「ユダヤ陰謀論」など海外の偽書までを紹介。偽書にまつわる人物事典も掲載し、この一冊で偽書のことがよくわかる!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「危険な歴史書 「古史古伝」と「偽書」の謎を読む」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 偽書の紹介から入っているのだが、これは意外とあっさりめ。もう少し『竹内文献』のアレな世界観なんかを頁を取って解説してくれてもよかったのに。その代わり偽書を従来とは違った切り口から論じた部分が面白い。 偽書の紹介から入っているのだが、これは意外とあっさりめ。もう少し『竹内文献』のアレな世界観なんかを頁を取って解説してくれてもよかったのに。その代わり偽書を従来とは違った切り口から論じた部分が面白い。 『宮下文章』を現代の火山学の立場から読み解くと内容のほとんどが起こるはずのない出来事だったり、偽書を作る中世の精神宇宙や、慶安御触書が実際は確認できない事等。古史古伝に限らず中世のコスモロジー、近世の偽書等に興味のある人は面白く読めると思う。 …続きを読む
    HANA
    2012年06月07日
    8人がナイス!しています
  • 10代の頃に、竹内文書だ酒井勝軍だとかムーの影響で随分読んだものだ。結構その頃とか、マジで読んでいたので、それが今や偽書としてほとんどかえりかられないというのが、何とも隔世の感を感じたりしました。中で 10代の頃に、竹内文書だ酒井勝軍だとかムーの影響で随分読んだものだ。結構その頃とか、マジで読んでいたので、それが今や偽書としてほとんどかえりかられないというのが、何とも隔世の感を感じたりしました。中でも「東日流外三郡誌」って昭和50年代とか結構話題になっていたんだけど、まるっきり偽書として認定されていたのかということに時代の流れを感じます。昔はキリストの墓が青森にあるとかとんでも話を楽しんでいたのは事実な訳でちょっと不思議な世界をかいま見ようとする偽書作家たちの深層心理にまで言及していた良書でもありました …続きを読む
    nizimasu
    2014年09月21日
    4人がナイス!しています
  • 執筆者によって内容に甲乙あるのはやむを得ないが、全体としていわゆる〈偽書〉を社会史的ないし精神史的に捉え直そうとするものであり、歴史研究においても一定の価値を与えようとする意図がうかがえる。無論、〈偽 執筆者によって内容に甲乙あるのはやむを得ないが、全体としていわゆる〈偽書〉を社会史的ないし精神史的に捉え直そうとするものであり、歴史研究においても一定の価値を与えようとする意図がうかがえる。無論、〈偽書〉の内容が(当の書物が主張しているような)事実ではないことは当然であるが、そのような〈偽書〉を生産・消費してきた社会情勢を考えるための資料として〈偽書〉を位置付ける本書の作業は重要である。 …続きを読む
    釈聴音
    2012年04月24日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品