図解 工場のしくみが面白いほどわかる本

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月06日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784806139102
ニコカド祭り2020

図解 工場のしくみが面白いほどわかる本

  • 著者 石川 和幸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月06日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784806139102

今どきの工場は整理整頓されて清潔な職場であり、機械化・自動化により現場の人員よりも管理部門の人員が増えているという現状がある。こうした工場の今の姿をイラストや図版でわかりやすく解説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「図解 工場のしくみが面白いほどわかる本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 直接原価計算では変動費は全額当期に費用算入し、固定費も当期分の費用は当期に算入する。これにより、全部原価計算と直接原価計算では期間内のコストが異なるため、当期分の利益が先送りされなくなる。 近年はロボ 直接原価計算では変動費は全額当期に費用算入し、固定費も当期分の費用は当期に算入する。これにより、全部原価計算と直接原価計算では期間内のコストが異なるため、当期分の利益が先送りされなくなる。 近年はロボット化や自動化で、直接労務費が下がる一方、管理部門の間接労務費の比率が上がってきたことにより、製品別の利益やコストを明確にするためには正確な比率での配賦が必要になる。それがABC(活動基準原価計算)だ。 本書は工場でSCMや生産計画、5SからPDCAまで知りたいことを網羅的に簡潔に学べる。 …続きを読む
    Kentaro
    2020年01月31日
    33人がナイス!しています
  • 入門の入門。製造業の仕事に縁遠い人は日本の製造業は開発技術と現場の職人魂に支えられていると思うかもしれないけど、生産計画から所要量管理、原価計算と利益を出すための仕組みが複雑に絡み合っていることも知っ 入門の入門。製造業の仕事に縁遠い人は日本の製造業は開発技術と現場の職人魂に支えられていると思うかもしれないけど、生産計画から所要量管理、原価計算と利益を出すための仕組みが複雑に絡み合っていることも知ってもらいたい。 …続きを読む
    ふろんた
    2015年11月15日
    17人がナイス!しています
  • 工場と関係ある仕事をしている為、勉強の為に読んでみた。 工場の仕組みについて広く書かれており、特に部署ごとの役割は解説やコラムなどがわかりやすく、興味を持って読む事ができた。広く浅くといった感じなので 工場と関係ある仕事をしている為、勉強の為に読んでみた。 工場の仕組みについて広く書かれており、特に部署ごとの役割は解説やコラムなどがわかりやすく、興味を持って読む事ができた。広く浅くといった感じなので、この本で物足りない部分や理解できない部分は別の教材で勉強する必要を感じた。 …続きを読む
    いっしー
    2020年06月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品