一度は食べたい うまいもの漫遊記

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784806140962

一度は食べたい うまいもの漫遊記

  • 著者 小泉 武夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784806140962

本書に登場する店、あるいは人は、技量と心とのバランスがよくとれている。そのような味に歴史と伝統を宿している店に行ってみると、共通して風格や知性、洗練といった、王道の雰囲気がある。

メディアミックス情報

NEWS

「一度は食べたい うまいもの漫遊記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2011/9/7 Amazonより届く。 2014/3/27〜3/31 小泉先生がJALの機内誌や「おとなの週末」に連載していたエッセイをまとめたもの。日本各地のちょっとマニアックな食べ物を相変わら 2011/9/7 Amazonより届く。 2014/3/27〜3/31 小泉先生がJALの機内誌や「おとなの週末」に連載していたエッセイをまとめたもの。日本各地のちょっとマニアックな食べ物を相変わらず旨そうにワシワシと食べる様子が微笑ましい。掲載されているお店では「駒形どぜう」だけ行ったことがあるなあ。ジンギスカンやアグー豚のお店、機会があれば、是非行ってみたい。 …続きを読む
    gonta19
    2014年03月31日
    43人がナイス!しています
  • 「現代に伝わるドジョウ料理店として最も著名なのは、東京の台東区駒形にある『駒形どぜう』だ。初代が「どぢゃう」と四文字では縁起が悪いということで奇数文字の「どぜう」とした」。数年前に友人らとこの『駒形ど 「現代に伝わるドジョウ料理店として最も著名なのは、東京の台東区駒形にある『駒形どぜう』だ。初代が「どぢゃう」と四文字では縁起が悪いということで奇数文字の「どぜう」とした」。数年前に友人らとこの『駒形どぜう』に行った。くつくつと煮えたどぜう鍋を前に熱燗をちびちびやるのは美味かった。今はドジョウなんか食うことない時代だけど、ずっと長いあいだドジョウは日本人の身近なタンパク源だったらしい。食の文化は時代とともに変わっていくものである。日本人の米離れが言われているが、これからの日本の食文化はどうなるのだろう。 …続きを読む
    シュラフ
    2018年05月27日
    27人がナイス!しています
  • 穴子が美味しそうだった。 美食家でカニとか美味しいものばっかり食べているから美味しいんですね。 穴子が美味しそうだった。 美食家でカニとか美味しいものばっかり食べているから美味しいんですね。
    しーふぉ
    2018年09月10日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品