TRIP TRAP トリップ・トラップ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041006610

TRIP TRAP トリップ・トラップ

  • 著者 金原 ひとみ
  • デザイン 角川書店装丁室 鈴木久美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041006610

女たちの旅は、いつも危うくて本気――

ハワイ、パリ、江ノ島……6つの旅で傷つきながら輝いていくマユ。凝縮された時と場所ゆえに浮かび上がる興奮と焦燥。終わりがあるゆえに迫って来る喜びと寂しさ。鋭利な筆致が女性の成長と旅立ちを描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「TRIP TRAP トリップ・トラップ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 6つの短篇から構成される。これらは連作といえなくもない。冒頭の「女の課程」も家出しているので、これもある種の\TRIP\だろう。以下は沼津、パリ、ハワイのハナと\TRIP\が続く。また、中学3年生に始 6つの短篇から構成される。これらは連作といえなくもない。冒頭の「女の課程」も家出しているので、これもある種の\TRIP\だろう。以下は沼津、パリ、ハワイのハナと\TRIP\が続く。また、中学3年生に始まり、やがて成人して子どもを持つにいたる、その「女の課程」もまた\TRIP\だ。では、\TRAP\は?なんだか、子どもを持ったことが\TRAP\であるかのようにも読めてしまうが…。さて、小説としてはだが、金原ひとみにしてはインパクトに欠けるようだ。最初の2作はまだしも、しだいに普通のおばさん化⇒ …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年10月09日
    376人がナイス!しています
  • 久しぶりの金原作品。あまり期待せずに読んだけど、あっという間にのめり込んでしまった。ただし、この主人公はいただけない。共感できるところが少なかったなぁ。金原さんは、女性性をある意味否定するような内容を 久しぶりの金原作品。あまり期待せずに読んだけど、あっという間にのめり込んでしまった。ただし、この主人公はいただけない。共感できるところが少なかったなぁ。金原さんは、女性性をある意味否定するような内容を書くけれど、受け止め方はそれぞれ。どの短編も私的には、ラストはおいてきぼりされた感が強い作品集でした。 …続きを読む
    ミカママ
    2016年05月29日
    196人がナイス!しています
  • 短編集。主人公が些細なことで怒ったり嘆いたりするのに驚く。若い子ってこんななんでしょうか。何事も深読みして考え過ぎ。別に何が解決したわけでもなく、そのまま日常が続いていく。 短編集。主人公が些細なことで怒ったり嘆いたりするのに驚く。若い子ってこんななんでしょうか。何事も深読みして考え過ぎ。別に何が解決したわけでもなく、そのまま日常が続いていく。
    マンダリン子
    2016年09月26日
    75人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

金原ひとみ

1983年生まれ。2003年「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞しデビュー。同作品で04年に第130回芥川賞を受賞。他の著書に『アッシュベイビー』『AMEBIC』『オートフィクション』『ハイドラ』『憂鬱たち』がある。

最近チェックした商品