試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041006436

フリン

  • 著者 椰月 美智子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041006436

夫の裏切りに、私は裏切りで仕返しする。

父親の不貞、旦那の浮気、魔が差した主婦……リバーサイドマンションに住む家族のあいだで繰り広げられる情事。愛憎、恐怖、哀しみ……『るり姉』で注目の実力派が様々なフリンのカタチを描く、連作短編集。

もくじ

【収録作品】

■「葵さんの初恋」
■「シニガミ」
■「最後の恋」
■「年下の男の子」
■「魔法がとけた夜」
■「二人三脚」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フリン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆ 女流作家の恋愛小説は、痛快なほどリアル。男性には表現不可能であろう表現が頻発する。この本を読んだら〝不倫〟が悪いことなのか、あるいはそうではないのか、見失ってしまいそうだ。 ★★★☆ 女流作家の恋愛小説は、痛快なほどリアル。男性には表現不可能であろう表現が頻発する。この本を読んだら〝不倫〟が悪いことなのか、あるいはそうではないのか、見失ってしまいそうだ。
    やっさん
    2017年11月29日
    179人がナイス!しています
  • あつかっているテーマがテーマなだけに、雰囲気重めの作品かなと構えて読み始めたら、意外とそんな感じはなく、さらさらと読むコトができました。ひとつのマンションに住む様々な住民たちが繰り広げる「フリン」にか あつかっているテーマがテーマなだけに、雰囲気重めの作品かなと構えて読み始めたら、意外とそんな感じはなく、さらさらと読むコトができました。ひとつのマンションに住む様々な住民たちが繰り広げる「フリン」にかかわるお話です。どうしても「フリン」というコトに対し、否定的な目線が多くなりがちですが、今作はその「フリン」をとおして描かれる人とのつながり、家族との絆、人生の新たなる旅立ちとあらゆる視点で物語が展開していくので、そんなにイヤなキモチで読み進めることはないと思われます。人っていろんな事情を抱えているんですね。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2013年04月20日
    168人がナイス!しています
  • ちょっとした火遊びのつもりだったのに、いつしか抜き差しならない関係に。ついには包丁握って、奥さんと私のどっちを選ぶの・・なんてお話ではありません。『不倫』じゃなくて『フリン』。同じマンションの住人にま ちょっとした火遊びのつもりだったのに、いつしか抜き差しならない関係に。ついには包丁握って、奥さんと私のどっちを選ぶの・・なんてお話ではありません。『不倫』じゃなくて『フリン』。同じマンションの住人にまつわる6編のフリン話は、ほとんどがまるで日常生活の一コマのようなノリで展開します。とはいえ、そこは腐ってもフリン。嫌悪、愛憎、妄想、後悔と様々なリアクションが交錯し、人間のどうしようもなさが浮き彫りに。あっさりした中にも一瞬覗く怖さの余韻が後を引く「シニガミ」が面白い。やっぱ『不倫は文化』だったりして(笑) …続きを読む
    utinopoti27
    2019年02月07日
    141人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

大変読みやすかったです。不倫がテーマですし、もともと不倫を毛嫌いするところもあったので、どんな作品かと不安だったのですが、意外と爽やかな読了感を得られました。椰月さんの文章力が素晴らしかったことも一因ですし、登場人物が身近に思われたことも、この作品の優れているところだと感じました。(マキさん)

『フリン』という本の題名が『不倫』ではなくてカタカナ表記だったので、『不倫』ではない『フリン』ってどんなものなのだろうと興味がわきました。そして読み終えて、最初から否定的にとらえたくない『フリン』って確かに存在するのかもと妙に納得してしまいました。(いちごさん)

題名を見て、正直読みはじめるまでに時間がかかりました。初めの話で、「おや」と・・・読み進めていくうちに、はじめはこそこそと読んでいたのが、夫の前で堂々と読むようになりました。正直、いい意味で期待を裏切られた感じです。素直に、面白いと夫や友人にお勧めできるとおもいます。(ママちゃんさん)

著者紹介

椰月 美智子(やづき・みちこ)

1970年神奈川県生まれ。2001年『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。『しずかな日々』で07年第45回野間児童文芸賞、08年第23回坪田譲治文学賞を受賞。著書に『未来の息子』『体育座りで、空を見上げて』『るり姉』『坂道の向こうにある海』などがある。

最近チェックした商品