ミステリ・オールスターズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041004692

ミステリ・オールスターズ

  • 編 本格ミステリ作家クラブ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041004692

超豪華ミステリアンソロジーがついに文庫化!

本格ミステリ作家クラブ設立10周年記念の書き下ろしアンソロジーが文庫化!! 辻真先、北村薫、芦辺拓、綾辻行人、有栖川有栖などベテラン執筆陣と新鋭たち全28名が一堂に会した本格ミステリの最先端!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミステリ・オールスターズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本格ミステリ作家クラブの会員28名によるアンソロジー。超短篇ばかりなので強烈に印象に残る作品というのは無いし、正直ハズレも多かったが、未読の作家さんの雰囲気を知るには丁度いいかも。個人的には小島正樹氏 本格ミステリ作家クラブの会員28名によるアンソロジー。超短篇ばかりなので強烈に印象に残る作品というのは無いし、正直ハズレも多かったが、未読の作家さんの雰囲気を知るには丁度いいかも。個人的には小島正樹氏の『腕時計』がベストかな。深水黎一郎氏、飛鳥部勝則氏、松本寛大氏、伊井圭氏も好き。門前典之氏、斎藤肇氏もなかなか。柄刀一氏のは遊び心があって楽しかったが、辻真先氏のは遊びすぎでしょ(笑) …続きを読む
    あめしょ
    2015年05月14日
    41人がナイス!しています
  • 一つの話が30ページ程なので区切り良く読める。当たり外れはあるもののそれぞれの作家さんの作品が少し紹介されているので、読みたい本が増える(笑) 深水黎一郎氏と飛鳥部勝則氏の作品が良かった。ベストは柄刀 一つの話が30ページ程なので区切り良く読める。当たり外れはあるもののそれぞれの作家さんの作品が少し紹介されているので、読みたい本が増える(笑) 深水黎一郎氏と飛鳥部勝則氏の作品が良かった。ベストは柄刀一氏の『ある終末夫婦のレシート』。 いろいろ想像しながら読むと面白さ&怖さ倍増(ΦωΦ)フフフ… …続きを読む
    yucchi
    2016年10月16日
    38人がナイス!しています
  • トップバッターだから印象に残りやすいというのもあるのあるかもしれないけれど、深水さんの「完全犯罪或いは善人のみえない牙」が面白かった。あと柄刀さんの「ある終末夫婦のレシート」の意味が朧気ながら解ったと トップバッターだから印象に残りやすいというのもあるのあるかもしれないけれど、深水さんの「完全犯罪或いは善人のみえない牙」が面白かった。あと柄刀さんの「ある終末夫婦のレシート」の意味が朧気ながら解ったときの衝撃(笑) …続きを読む
    ヒロユキ
    2013年12月18日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品