天使と悪魔(上) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

天使と悪魔(上)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン・シリーズ第一作!

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは16世紀に創設された科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼き印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに反物質の大量生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持ち込まれていた──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天使と悪魔(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を先に見てしまったので、あらすじは知っていた。 反物質の描写など、なんじゃこりゃと思ってしまい、なかなかのめりこめなかったが、エンジンがかかり始めてからは面白くなって他のことは忘れられた。ダヴィン 映画を先に見てしまったので、あらすじは知っていた。 反物質の描写など、なんじゃこりゃと思ってしまい、なかなかのめりこめなかったが、エンジンがかかり始めてからは面白くなって他のことは忘れられた。ダヴィンチ・コードよりも前の話らしい。 …続きを読む
    absinthe
    2015年10月28日
    194人がナイス!しています
  • 科学と宗教は今も敵対?秘密結社の陰謀を描く秀作。久しぶりに再読。謎解きに加えスピード感あり再読でも楽しめる。象徴学のラングドン教授は急に呼ばれ米国からスイスへ。研究施設で物理学者ヴェトラが惨殺されてい 科学と宗教は今も敵対?秘密結社の陰謀を描く秀作。久しぶりに再読。謎解きに加えスピード感あり再読でも楽しめる。象徴学のラングドン教授は急に呼ばれ米国からスイスへ。研究施設で物理学者ヴェトラが惨殺されていた。遺体には「イルミナティ」の焼印が。この組織はフリーメーソンと関係がありカトリックを深く憎んでいた。施設から恐るべき破壊力を持つ反物質が盗まれ、ヴェトラの娘とラングドンはバチカンへ向かう。そこでは新教皇を選ぶコンクラーベが行われようとしていた。二人は次の犯罪を防げるか?中巻に続く。 …続きを読む
    zero1
    2019年06月12日
    157人がナイス!しています
  • えっ?イルミナティのことをこんなに赤裸々に書いてしまってもいいの?ダン・ブラウンさんはフリーメイソン側でそろそろ準備が終わったから書いていいよって言われているのか、まったく関係ないけど書いてしまったか えっ?イルミナティのことをこんなに赤裸々に書いてしまってもいいの?ダン・ブラウンさんはフリーメイソン側でそろそろ準備が終わったから書いていいよって言われているのか、まったく関係ないけど書いてしまったかどっちなのか気になりながら読了。反物質がどうしてヴァチカンにあるって分かったのかが…電話でローマに行くことになりましたが曖昧でした。ラングドンは次作のダ・ビンチ・コードでも出てくるので死ぬことはないのは分かっていますが、それでもこれから5時間はどうなるかドキドキです。 …続きを読む
    mariya926
    2020年02月20日
    138人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品