角川文庫(海外)

天使と悪魔(上)

発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍
天使と悪魔(上) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

天使と悪魔(上)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン・シリーズ第一作!

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは16世紀に創設された科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼き印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに反物質の大量生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持ち込まれていた──。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天使と悪魔(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を先に見てしまったので、あらすじは知っていた。 反物質の描写など、なんじゃこりゃと思ってしまい、なかなかのめりこめなかったが、エンジンがかかり始めてからは面白くなって他のことは忘れられた。ダヴィン 映画を先に見てしまったので、あらすじは知っていた。 反物質の描写など、なんじゃこりゃと思ってしまい、なかなかのめりこめなかったが、エンジンがかかり始めてからは面白くなって他のことは忘れられた。ダヴィンチ・コードよりも前の話らしい。 …続きを読む
    absinthe
    2015年10月28日
    166人がナイス!しています
  • 科学と宗教は今も敵対?秘密結社の陰謀を描く秀作。久しぶりに再読。謎解きに加えスピード感あり再読でも楽しめる。象徴学のラングドン教授は急に呼ばれ米国からスイスへ。研究施設で物理学者ヴェトラが惨殺されてい 科学と宗教は今も敵対?秘密結社の陰謀を描く秀作。久しぶりに再読。謎解きに加えスピード感あり再読でも楽しめる。象徴学のラングドン教授は急に呼ばれ米国からスイスへ。研究施設で物理学者ヴェトラが惨殺されていた。遺体には「イルミナティ」の焼印が。この組織はフリーメーソンと関係がありカトリックを深く憎んでいた。施設から恐るべき破壊力を持つ反物質が盗まれ、ヴェトラの娘とラングドンはバチカンへ向かう。そこでは新教皇を選ぶコンクラーベが行われようとしていた。二人は次の犯罪を防げるか?中巻に続く。 …続きを読む
    zero1
    2019年06月12日
    123人がナイス!しています
  • ラングドン教授シリーズ第1弾上巻。主人公ハーバード大学教授ロバート・ラングドンは、ジュネーブに在る原子核研究機構セルンの所長に呼び出される。セルンの科学者が殺害され、遺体の胸にイルミナティの焼き印が押 ラングドン教授シリーズ第1弾上巻。主人公ハーバード大学教授ロバート・ラングドンは、ジュネーブに在る原子核研究機構セルンの所長に呼び出される。セルンの科学者が殺害され、遺体の胸にイルミナティの焼き印が押されていたのだ。物語上巻は、バチカン市国を消滅させようと奪われた反物質を取り戻す為、被害者の娘ヴィットリアとラングドンはバチカン市国へ乗り込んでいく。兎に角視覚的な文章で、私の頭の中は映画か舞台を観ている感覚である。タイムリミットがスピード感とサスペンスを高め、正にエンターテイメント、先が読みたくて仕方ない。 …続きを読む
    セウテス
    2019年06月10日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品