ダ・ヴィンチ・コード(中) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

ダ・ヴィンチ・コード(中)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

数々のダ・ヴィンチ絵画の謎が導く、歴史の真実とは!?

館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていた。彼は真っ先に疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱し、二人は館長の残した暗号の解読に取りかかる。フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム……数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、追っ手を振り払いながら解き進む二人は、新たな協力者を得る。宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングだった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ダ・ヴィンチ・コード(中)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上巻に続いて、波瀾万丈の展開。ダン・ブラウンの想像力(妄想?)は飛翔を止めない。そればかりか、いよいよ核心とも言うべき「聖杯」に迫って行く。ダ・ヴィンチが考案したというクリプテックスも登場し、物語の細 上巻に続いて、波瀾万丈の展開。ダン・ブラウンの想像力(妄想?)は飛翔を止めない。そればかりか、いよいよ核心とも言うべき「聖杯」に迫って行く。ダ・ヴィンチが考案したというクリプテックスも登場し、物語の細部の意匠にも事欠かない。ただ、「ヒエロス・ガモス」はともかく、マグダラのマリアがイエス・キリストの妻であったことまでを歴史的検証を経てきたように書くのはいささか狡いと言わざるを得ない。それが言い出されたのは1980年代になってからのことではなかったか。もっとも、そこには史実の裏付けがあるとするのだろうが。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年09月14日
    466人がナイス!しています
  • 映画だと立体感がある逃亡劇。誰が味方で誰が敵なのか。謎が謎を生み、本当に結末があるのか不安になる。情報量、複雑度、文章量ともに満足。 映画だと立体感がある逃亡劇。誰が味方で誰が敵なのか。謎が謎を生み、本当に結末があるのか不安になる。情報量、複雑度、文章量ともに満足。
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年06月15日
    193人がナイス!しています
  • キリストは神か人か?聖書の作者は誰で編集者がいた?キリストに子が?カトリック信者が聞いたら怒りそうな内容。ベースは事実でも物語は想像力の賜物。だが知的好奇心を大いに刺激しスピード感あり。【最後の晩餐】 キリストは神か人か?聖書の作者は誰で編集者がいた?キリストに子が?カトリック信者が聞いたら怒りそうな内容。ベースは事実でも物語は想像力の賜物。だが知的好奇心を大いに刺激しスピード感あり。【最後の晩餐】の秘密は意外。人の目は【常識】で見えなくなる。【13日の金曜日】は何故、嫌われる?再読なのに面白い!探している物の正体が聖杯(後述)と判明。聖杯とは何だ?驚きの正体が明かされる。歴史に隠された陰謀と暗号がつまらないわけない。誰が敵で味方?協力者と危険が一緒に来る。舞台はフランスから海の向こうに。下巻に続く。 …続きを読む
    zero1
    2020年06月01日
    143人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品