バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ

バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年12月27日
商品形態:
電子書籍

バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ

  • 著者 藤木 稟
発売日:
2011年12月27日
商品形態:
電子書籍

天才神父コンビの事件簿・第4弾、書き下ろしで登場!

奇跡調査官・平賀とロベルトのもとに、バルカン半島のルノア共和国から調査依頼が舞いこむ。聖人の生まれ変わりと噂される若き司祭・アントニウスが、多くの重病人を奇跡の力で治癒したうえ、みずからも死亡した3日後、蘇ったというのだ! いくら調べても疑いの余地が見当たらない、完璧な奇跡。そんな中、悪魔崇拝グループに拉致された平賀が、毒物により心停止状態に陥った──!? 天才神父コンビの事件簿、驚愕の第4弾!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天才神父コンビの事件簿シリーズ第4段。今回は最初から強烈なインパクトを与えるような構成になってますね。かなりどっきりしました。ストーリーがどんどん面白くなってきています。それにしても、平賀が段々小動物 天才神父コンビの事件簿シリーズ第4段。今回は最初から強烈なインパクトを与えるような構成になってますね。かなりどっきりしました。ストーリーがどんどん面白くなってきています。それにしても、平賀が段々小動物化している気がするのは気のせいか?描写も「女みたいな→少女のような」に変わってるし(笑)仲が良いシーンはほのぼのしていて、良いですね。「ご飯」で始まり「ご飯」で終わる…このパターン化はしないのかな?作風にとてもあってると思うのだが。ユーゲンハイム博士、また出てきて欲しいですね。 …続きを読む
    青蓮
    2017年04月22日
    92人がナイス!しています
  • 最近このシリーズはミステリーというよりSFを読む気持ちで読んでる。てか、よく考えたらホラー文庫だったね…。忘れてた。プロローグの平賀が息を引き取るシーンには思わず緊張しました。アントニウス司祭が可哀想 最近このシリーズはミステリーというよりSFを読む気持ちで読んでる。てか、よく考えたらホラー文庫だったね…。忘れてた。プロローグの平賀が息を引き取るシーンには思わず緊張しました。アントニウス司祭が可哀想で…もう少し活躍して欲しかったです。新しい敵キャラも出てきましたがガルドウネと何か関係あるのかな?それとも全く別組織?今回の件は奇跡に認定されてしまう?次巻が気になります。 …続きを読む
    和夜
    2016年06月29日
    81人がナイス!しています
  • 再読です。一度死んで甦った司祭、彼が起こす奇跡の数々の真相に迫る平賀とロベルト。冒頭の緊迫したシーンを初めて読んだときはかなり驚きました。平賀が無事で良かったです。奇跡の真相は読んでそれってありなの? 再読です。一度死んで甦った司祭、彼が起こす奇跡の数々の真相に迫る平賀とロベルト。冒頭の緊迫したシーンを初めて読んだときはかなり驚きました。平賀が無事で良かったです。奇跡の真相は読んでそれってありなの?という具合でしたが面白かったからそれもよしとします。黒幕のあの人はジュリア司祭と繋がってるのかな。気になる所です。今回もロベルトが平賀が好きすぎてて微笑ましかった。二人の強い信頼関係が好きです。 …続きを読む
    蓮子
    2013年10月29日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品