金星を追いかけて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041102046

金星を追いかけて

  • 著者 アンドレア・ウルフ
  • 訳者 矢羽野 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041102046

100年に一度の金星の日面通過が世界の科学者たちを結びつけた!

1761年。太陽系の謎を解くために、世界各地で数百人の天文学者が望遠鏡で空を見上げ、太陽の表面を通過する金星を見守った。人類史上初の世界的な科学プロジェクトはしかし、命懸けの大冒険でもあった!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金星を追いかけて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2012年6月6日「日面の金星経過」。絶望的な曇り空。諦めきれず何度も何度も、空を見上げても雲ばかり…。もうダメか…諦めた瞬間、雲が切れて太陽が!!でも、ただの天体ショーとして楽しんでいました。250 2012年6月6日「日面の金星経過」。絶望的な曇り空。諦めきれず何度も何度も、空を見上げても雲ばかり…。もうダメか…諦めた瞬間、雲が切れて太陽が!!でも、ただの天体ショーとして楽しんでいました。250年前の同じ現象は、歴史的な天体現象として、初めて各国の共同観測を実現させた。『地球と、太陽と正確な距離の測定』自分の死後の現象なのに、国際的な連携の必要性を訴えたハレー。遠い過酷な観測地で命を落とした科学者。彼等の真実の追求への情熱に、胸を熱くさせられ、列強の思惑、野望に歴史の面白さを感じた。満足の一冊。 …続きを読む
    わんこのしっぽ
    2012年10月18日
    10人がナイス!しています
  • 6月の金星日面通過の前に読んでいれば!星好きには、かなりの好著とみました。「50年後の天文学者たちに…」、てハレーさんにも、逸話あり。かっこ良すぎです。  物語は、1761年と68年にあった金星の日面 6月の金星日面通過の前に読んでいれば!星好きには、かなりの好著とみました。「50年後の天文学者たちに…」、てハレーさんにも、逸話あり。かっこ良すぎです。  物語は、1761年と68年にあった金星の日面通過(本書では経過)を、緯度の離れた場所で観測することによる視差により、太陽までの距離を計算しよう、との企てに、欧州各国の天文学者が協力して、地の果て、海の向こうまで。その悲喜こもごもに、当時の状況や各国の事情、時代の要請が加わるも、初めての国際協力に。  それにしても、著者のバイタリティーに大絶賛です。 …続きを読む
    onasu
    2012年09月04日
    10人がナイス!しています
  • ▲ハレーが、50年後に金星の日面通過が8年セットで2回起きるよ、自分はもう生きていないから、みんな全世界で観測して宇宙の距離を測りなさいねと言って、それが行われるのも凄いが、当時の先進国も大航海を経な ▲ハレーが、50年後に金星の日面通過が8年セットで2回起きるよ、自分はもう生きていないから、みんな全世界で観測して宇宙の距離を測りなさいねと言って、それが行われるのも凄いが、当時の先進国も大航海を経ないと観測地に行けないのも苛酷だし、全世界のデータを集めるのも大変だし、科学って凄いね。1760年代なんて、仏革命より前の話。飛行機でFAXで電話でネットで、そんなのないんで、船に乗っていても本国とのやりとりは手紙だし、そんな時代に凄い。ちなみに我々は、2004年、2012年の2セットを経験済み。この前あったね …続きを読む
    聖月
    2012年10月08日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品