原子力と宗教 日本人への問い

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784041101803

原子力と宗教 日本人への問い

  • 著者 鎌田 東二
  • 著者 玄侑 宗久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784041101803

見えない力にどう向き合うか? 神仏の智恵で、いのちと原発を問いなおす。

荒々しい自然の力と共に生きる智恵を伝える神道と仏教。目に見えない放射能に、日本の伝統的信仰心はどう向き合うのか? 原発の脅威を宗教への問いとして受けとめ、震災からの復興の礎となる神仏の智恵を提言する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「原子力と宗教 日本人への問い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 福島で住職をなさる玄侑さんの震災に対するまっすぐな姿勢が印象的だった。報道されない凄惨な光景もあったようで、地元のお寺の大変さを思った。そんな中で宗派を超えた連携が生まれたのは救いである。数万年単位の 福島で住職をなさる玄侑さんの震災に対するまっすぐな姿勢が印象的だった。報道されない凄惨な光景もあったようで、地元のお寺の大変さを思った。そんな中で宗派を超えた連携が生まれたのは救いである。数万年単位の原子崩壊に「無常観」も戸惑い、知覚できない放射能に「色即是空」も手を焼いているという。こんな難題を突きつけられた今だからこそ、仏教も日本も生まれ変わるチャンスなのだろう。少なくとも宗派を越えて頑張るお坊さん達の姿から、生きた教えを学べるのではないか。「原発という異端の神を弔い祀る」発想も日本的でいいと思った。 …続きを読む
    夜間飛行
    2013年12月05日
    28人がナイス!しています
  • 日本人が天災にどう向き合っていたか宗教面から捉え、その上で東北の震災や原発問題にどう向き合うかを話し合っています。「経済」の視座からではなく「宗教」の視座から問題を眺めるのは、これからますます重要にな 日本人が天災にどう向き合っていたか宗教面から捉え、その上で東北の震災や原発問題にどう向き合うかを話し合っています。「経済」の視座からではなく「宗教」の視座から問題を眺めるのは、これからますます重要になるのではと感じました。玄侑さんは原子力について、科学的にも社会問題的にもしっかり勉強されていて、その上で語っているため、こちらも真剣に耳を傾ける気になります。原発にパニヒダ(お通夜みたいな儀式)をしようというのは、良いアイデアだと思いました。一度、精神的に区切りをつけないと、前には進めないと思います。 …続きを読む
    湯飲み猫
    2012年08月16日
    3人がナイス!しています
  • マグニチュード、シーベルト、ベクレル等、数字こそが信頼すべき情報であるかのような震災と原発事故被害に対して、日本人が古来から伝えてきた、あるいは感覚として身につけている神道や仏教から、復興についてアプ マグニチュード、シーベルト、ベクレル等、数字こそが信頼すべき情報であるかのような震災と原発事故被害に対して、日本人が古来から伝えてきた、あるいは感覚として身につけている神道や仏教から、復興についてアプローチしている。原発の無い世の中にするということは、これまで以上の発展と物質主義を捨てることにほかならず、ブータンのような精神的な満足度を求めるのであれば、自分たちの宗教観についても考え直さねばならないときが来ているのだと感じた。 …続きを読む
    ゆこ
    2012年03月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品