試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044094232

霊性の文学 言霊の力

  • 著者 鎌田 東二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044094232

聖地を訪れる前に、不思議な力を秘めた言葉を読んでみよう。

たった一人の本当の神を探し求めた宮沢賢治、信仰と宗教の違いを問いかけた三輪明宏、自由の魅惑と苦悩を冷徹に突き詰めたドストエフスキー。霊性を見つめた人々の言葉を辿り、底に流れる言霊の力を発見する。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「霊性の文学 言霊の力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「三島由紀夫は、折口信夫に対して強い関心と独自の評価をもっていた。たとえば、三島の『三熊野詣』は折口信夫をモデルにした小説であるが、その中で黒い服を着た「先生」の一行が大学構内を歩く一種異様な姿を、学 「三島由紀夫は、折口信夫に対して強い関心と独自の評価をもっていた。たとえば、三島の『三熊野詣』は折口信夫をモデルにした小説であるが、その中で黒い服を着た「先生」の一行が大学構内を歩く一種異様な姿を、学生が「葬式が通る」と噂すると描写している。それはしかし、折口に対する三島なりの評価と敬意の表現だったのではないか。というのも、「死」を光源として文学活動を展開してきた三島からすれば、『死者の書』や「まれびと」論や貴種流離譚説を提唱した折口は、大変身近なところにいる先達だったに違いない」 …続きを読む
    うえ
    2018年07月21日
    8人がナイス!しています
  • 折口信夫、三島由紀夫の章のみ。 折口信夫、三島由紀夫の章のみ。
    のり
    2018年11月10日
    4人がナイス!しています
  • 拾い読み 拾い読み
    sloth_life
    2016年07月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品