試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041010846

最近、空を見上げていない

  • 著者 はらだ みずき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041010846

ひとりの出版社営業マンが出逢う、4つの優しい物語。

その書店員は、なぜ涙を流していたのだろう―。ときにうつむきがちになる日常から一歩ふみ出す勇気をくれる。本を愛する人へ贈る、珠玉の連作短編集。(単行本『赤いカンナではじまる』を再構成の上、改題)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「最近、空を見上げていない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 目の前の事に追われて余裕をなくしたり、自分に自信が持てなくなると、ついうつむきがちになってしまう。そして、ハッと気づく瞬間があるのです。〈最近、空を見上げていないなあ〉と。零細出版社の営業マンを主人公 目の前の事に追われて余裕をなくしたり、自分に自信が持てなくなると、ついうつむきがちになってしまう。そして、ハッと気づく瞬間があるのです。〈最近、空を見上げていないなあ〉と。零細出版社の営業マンを主人公に、本に関わる人々との交流を描いたやさしい連作小説集。素敵な棚を作る書店員が物語の書き出ししか読まないのはなぜ? 一軒の小さな書店に拘る作家の理由は……。再販制度・委託販売を採る日本の出版流通では出版社の営業マンの仕事は微妙で、だからドラマを生むのでしょう。どんな本にも携わる人の人生が投影されているのですね。 …続きを読む
    Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房
    2014年12月03日
    122人がナイス!しています
  • 単行本『赤いカンナではじまる』を再構成して改題。表題の話が新たに加えられたもの。大きな強弱があるわけでもない普通の話なのだが、なぜかほっこり胸を打つ・・・そんな連作短編集。 単行本『赤いカンナではじまる』を再構成して改題。表題の話が新たに加えられたもの。大きな強弱があるわけでもない普通の話なのだが、なぜかほっこり胸を打つ・・・そんな連作短編集。
    紫 綺
    2014年11月22日
    121人がナイス!しています
  • 出版に携わる人々を描く連作集。出版社の営業職のように、目立たないところで地道に働く人々を丁寧に描き出しており、好感が持てる。どの物語も一生懸命に生きている人に対するエールになっており、胸が熱くなった。 出版に携わる人々を描く連作集。出版社の営業職のように、目立たないところで地道に働く人々を丁寧に描き出しており、好感が持てる。どの物語も一生懸命に生きている人に対するエールになっており、胸が熱くなった。「最後の夏休み」が一番好きな作品。掃除機売り場でアルバイトをする主人公が、クラスメートの女性に会ってザリガニを探すことを依頼される。「僕」はザリガニ探しに奮闘して、何とか大量のザリガニを見つけるのだが……。夏の日の青春の1ページが鮮やかに心に刻まれる作品。愚直な僕の行動が、彼の未来を開くところが素晴らしい。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2018年08月20日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品