雪と珊瑚と

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041101438

雪と珊瑚と

  • 著者 梨木 香歩
  • デザイン 名久井 直子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041101438

強くたくましく人生を切り開いていくシングルマザーのビルドゥングロマン!

珊瑚、21歳。生まれたばかりの赤ちゃん雪を抱え、途方に暮れていたところ、様々な人との出逢いや助けに支えられ、心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになる……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雪と珊瑚と」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 梨木香歩には珍しい純リアリズム小説。タイトルもまた梨木作品らしくない。このタイトルで、そして別のペンネームで出版されていたとすれば、これが梨木作品だと見破るのは相当に困難だ。もともと、彼女は、作品のあ 梨木香歩には珍しい純リアリズム小説。タイトルもまた梨木作品らしくない。このタイトルで、そして別のペンネームで出版されていたとすれば、これが梨木作品だと見破るのは相当に困難だ。もともと、彼女は、作品のあり方によっていくつもの文体、スタイルを持った作家であった。だから、ここでも、きっとこういうスタイルが必要だったのだろう。また、これはこれとして好きだという読者もいるだろう。しかし、残念ながらこの作品にあっては、その世界観が通俗的過ぎるのだ。超俗的なものと、日常の不思議な混淆にこそ梨木香歩の世界があったからだ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2012年08月28日
    339人がナイス!しています
  • 梨木さんが書く女の人は、みんなとても魅力的だ。この物語に出てくる女の人達もとても魅力的で、どこかに少しずつ共感できるところがあるのが、いい。梨木ワールドとも言える「不思議なこと」は何も起こらないが、淡 梨木さんが書く女の人は、みんなとても魅力的だ。この物語に出てくる女の人達もとても魅力的で、どこかに少しずつ共感できるところがあるのが、いい。梨木ワールドとも言える「不思議なこと」は何も起こらないが、淡々と、けれど丁寧に暮らしていく様子が、静謐で美しい文章によって綴られている。そして、この物語に出てくる食べ物がまた魅力的である。地味だけれど滋味あふれる料理は、真似したいと思うものばかりだった。読み終わるのが嫌だ・・・と思いながら、大事に大事に読んだ本だった。 …続きを読む
    風眠
    2012年06月11日
    247人がナイス!しています
  • 中盤までの感じでは、親からも見捨てられた孤独で無職なシングルマザーの珊瑚が、食べることの大切さに気付き、何もないところから体に優しいカフェを開く、という話かと。でもただの夢物語ではなく、母性のない母親 中盤までの感じでは、親からも見捨てられた孤独で無職なシングルマザーの珊瑚が、食べることの大切さに気付き、何もないところから体に優しいカフェを開く、という話かと。でもただの夢物語ではなく、母性のない母親との関係に苦しんだり、娘の雪を愛おしく思う日々のなかで虐待の連鎖のことも考えていたりの、母子関係。同情。施し。嫉妬。プライドの鍛え方。珊瑚の抱える葛藤が、くららさんとの会話の中で形をかえていく。くららさんの料理は素朴で優しさに溢れてて素敵!雪の初めてしゃべった二語文「ごあん、おいちいねえ」には珊瑚と一緒に涙。 …続きを読む
    なゆ
    2012年06月30日
    189人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品