財務省の階段

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048742344
ニコカド祭り2020

財務省の階段

  • 著者 幸田 真音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048742344

この国に横たわる禍々しいものの正体は。新境地、ホラー経済小説の誕生!

財務省で自殺を図った官僚が遺したノートには昭和初期の経済政策が克明に綴られていた。謎を解こうと地下室へ向かった上司が見たものは、検証が許されなかったこの国の暗部だった。ホラー経済小説連作集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「財務省の階段」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 経済ホラーっていう、珍しいジャンルの短編集なのですが、ガチガチの経済の話でもなく、別に経済がテーマじゃなくてもいいような怖さが多かった気がします。物語自体は面白かったです。 経済ホラーっていう、珍しいジャンルの短編集なのですが、ガチガチの経済の話でもなく、別に経済がテーマじゃなくてもいいような怖さが多かった気がします。物語自体は面白かったです。
    らむり
    2014年07月07日
    47人がナイス!しています
  • 経済ホラー短編集。オチの分かりにくさや、各話の繋がりなど今一つ面白味に欠けるものの、題材となる日銀、財務省、国会などでの言い伝え、怪奇現象などいかにもありそうな感じで面白い。 経済ホラー短編集。オチの分かりにくさや、各話の繋がりなど今一つ面白味に欠けるものの、題材となる日銀、財務省、国会などでの言い伝え、怪奇現象などいかにもありそうな感じで面白い。
    Tsuyoshi
    2019年10月27日
    46人がナイス!しています
  • 経済風味のホラー小説でした。てっきり真面目な経済小説だと早合点してしまったので、もっとわかりやすく「財務省の怪談」としておいてくれたらよかったのにと思ってしまった。ショートショートのような短編をいくつ 経済風味のホラー小説でした。てっきり真面目な経済小説だと早合点してしまったので、もっとわかりやすく「財務省の怪談」としておいてくれたらよかったのにと思ってしまった。ショートショートのような短編をいくつか編んだ内容で、経済に関わる話を交えるものの、その実、日銀や財務省で起きた不思議な話し集といったところで、経済が怖いからホラーという内容ではありませんでした。それにしても、誰かが死ぬと下げ止まるという相場観は、言い得て妙でした。 …続きを読む
    R
    2014年09月25日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品