私立探偵・麻生龍太郎

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043428106

私立探偵・麻生龍太郎

  • 著者 柴田 よしき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043428106

麻生の新たなる旅立ち。心揺さぶるミステリ

警察を辞めた麻生龍太郎は、私立探偵として新たな道を歩み始めた。だが、彼の元には切実な依頼と事件が舞いこんでくる……名作『聖なる黒夜』の”その後”を描いた、心揺さぶる連作ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「私立探偵・麻生龍太郎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 警察を辞め私立探偵になってからの、麻生龍太郎の連作ミステリ短編集。麻生との大きな絡みは無いですが、あの山内練も登場します。麻生としては今の生き方が、一番合っている様な気がしました。麻生と練はいつまでた 警察を辞め私立探偵になってからの、麻生龍太郎の連作ミステリ短編集。麻生との大きな絡みは無いですが、あの山内練も登場します。麻生としては今の生き方が、一番合っている様な気がしました。麻生と練はいつまでたっても平行線なのかな?もどかしい二人です。 …続きを読む
    GAKU
    2018年10月09日
    65人がナイス!しています
  • 柴田作品6冊目。連作短編集。時系列では『聖なる黒夜』の後。いろんなことがありまして、私立探偵となった麻生さんが受ける調査依頼がメインストーリーなので練との絡みは少ないが、二人にもこんな平穏な時期があっ 柴田作品6冊目。連作短編集。時系列では『聖なる黒夜』の後。いろんなことがありまして、私立探偵となった麻生さんが受ける調査依頼がメインストーリーなので練との絡みは少ないが、二人にもこんな平穏な時期があったんだなぁとしみじみ。麻生が関わるビターテイストな4つの事件と、ビターな物語の幕切れ。苦い。RIKOシリーズも読んだけど、やっぱり切ないな。韮崎の呪縛、練の迷い、麻生の迷い、そして決断。「変わらないのではなく、変われない」。寄り添うだけが、愛じゃない。田村は鋭いし、なかなか良い事を言うな。 …続きを読む
    *maru*
    2018年03月24日
    39人がナイス!しています
  • 「聖なる黒夜」に衝撃を受け、麻生と練のその後が知りたくて読みました。麻生も練も、変わることはできなくて、想い合っていても一緒になることはできない。そんな最後があっさりしているだけに切なかった。 「聖なる黒夜」に衝撃を受け、麻生と練のその後が知りたくて読みました。麻生も練も、変わることはできなくて、想い合っていても一緒になることはできない。そんな最後があっさりしているだけに切なかった。
    更紗
    2014年09月01日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品