流転の女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048742184

流転の女

  • 著者 松下 麻理緒
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048742184

33年前、娘は誰に殺されたのか――?

理津子、78歳。彼女が一生をかけて隠し通そうとした秘密が、消えた公園の柳の木がきっかけで暴かれていく。死んだ娘を見殺しにした男。遺産目当ての甥夫婦。嘘と自己弁護の応酬の末、露になる真実とは?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「流転の女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • で、流転の女とは誰のことよ?愛理? で、流転の女とは誰のことよ?愛理?
    takaC
    2019年04月30日
    39人がナイス!しています
  • 32年前に事故で水死した女子大生。13年前の少女誘拐事件。この2つの事件が繋がっていきます。が、しかし面白くない。登場人物全員が鬱陶しいし、ドラマチックじゃないからかな。 32年前に事故で水死した女子大生。13年前の少女誘拐事件。この2つの事件が繋がっていきます。が、しかし面白くない。登場人物全員が鬱陶しいし、ドラマチックじゃないからかな。
    keith
    2017年10月19日
    26人がナイス!しています
  • だから、きちんと話さないとダメなんだってば!ってなる。理津子が悲しい···。最後まで愛理にはイライラしまくりでした。って最初から死んでるけど。とにかく、とことん話さないと❗ だから、きちんと話さないとダメなんだってば!ってなる。理津子が悲しい···。最後まで愛理にはイライラしまくりでした。って最初から死んでるけど。とにかく、とことん話さないと❗
    かおり
    2022年04月29日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品