グーグーだって猫である6

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月22日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784048742498

グーグーだって猫である6

  • 著者 大島 弓子
  • デザイン 羽良多 平吉
  • イラスト 大島 弓子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月22日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784048742498

さようなら、グーグー!

オオシマさんを見守り、ほかの猫にも心を配る、いつもやさしかったグーグー。あなたは永遠に、私たちの心の中で“good good”な猫として生き続けるでしょう――。涙と感動の最終巻!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グーグーだって猫である6」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《kindle》1〜6巻まで一気読み。大島弓子と猫たちのマンガエッセイ。30年以上前の学生時代から大島弓子作品の大ファンだった私としては、かねてからこのグーグーシリーズには懐疑的で、ひとり「あの頃のよ 《kindle》1〜6巻まで一気読み。大島弓子と猫たちのマンガエッセイ。30年以上前の学生時代から大島弓子作品の大ファンだった私としては、かねてからこのグーグーシリーズには懐疑的で、ひとり「あの頃のような大島弓子作品はもう生まれないのだなあ」などと嘆息していた。しかし、この年齢となり、やはり大島作品の全てをきちんと読んでおくべきと思い直し手にとった。結果、大島作品のエッセンスは作品の中にしっかり凝縮されていた。むしろ若い頃の作品とは違った自然でやわらかな魅力に溢れていた。やはり大島弓子は稀代の作家だった。 …続きを読む
    SOHSA
    2018年12月22日
    40人がナイス!しています
  • これは読者の勝手な思い込みなのだが、この手の漫画は終わらないものだと考えていたので、最終巻というのが信じられなかった。あまりのショックに、購入して数ヶ月、読む気にもなれなかったのだ。でも、いざ読んでみ これは読者の勝手な思い込みなのだが、この手の漫画は終わらないものだと考えていたので、最終巻というのが信じられなかった。あまりのショックに、購入して数ヶ月、読む気にもなれなかったのだ。でも、いざ読んでみて、ラストエピソードに描かれた出来事があったのであれば、なるほど、完結にも頷ける。それにしても、連載から15年、共にグーグーを眺めてきた読者にとって、大島家の猫達は、とても他人ではなくなってきている。大島弓子の一喜一憂は、まさしく読者の一喜一憂だったのだ。 …続きを読む
    ぐうぐう
    2012年01月23日
    23人がナイス!しています
  • 15年と8ヶ月...... 大島家のグーグーは永眠についてしまった(T-T) この作品を読んできてやはりグーグーが一番大島さんの傍にいて、日々入れ替わり立ち替わり猫達が大島家に訪れても、穏や 15年と8ヶ月...... 大島家のグーグーは永眠についてしまった(T-T) この作品を読んできてやはりグーグーが一番大島さんの傍にいて、日々入れ替わり立ち替わり猫達が大島家に訪れても、穏やかに優しい目で見守っていた気がする。 ペットにも命がある限り必ず死は訪れる... 深い悲しみが襲う事に何度も立ち向かい、それでもこれだけの猫達に手をかけ愛情を持ってお世話する大島さんは本当に素晴らしい方だと思う。 とても素敵な作品に出会えて良かった(*v.v) …続きを読む
    nohamana
    2017年04月03日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品