試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
562
ISBN:
9784043620104

文庫版 妖怪の理 妖怪の檻

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
562
ISBN:
9784043620104

「妖怪」とは、そもそも何なのか?

知っているようで、何だかよくわからない存在、妖怪。それはいつ、どうやってこの世に現れたのだろう。妖怪について深く愉しく考察し、ついに辿り着いた答えとは。全ての妖怪好きに贈る、画期的妖怪解体新書。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文庫版 妖怪の理 妖怪の檻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2011/7/31 Amazonより届く。 2017/6/2〜6/12 京極さんの妖怪に関する論文と言って良い内容。実に明解に、妖怪の語源、成り立ち、容姿について論考している。妖怪愛に溢れる名著。 2011/7/31 Amazonより届く。 2017/6/2〜6/12 京極さんの妖怪に関する論文と言って良い内容。実に明解に、妖怪の語源、成り立ち、容姿について論考している。妖怪愛に溢れる名著。
    gonta19
    2017年06月12日
    107人がナイス!しています
  • 妖怪とは何であるかを説いており、興味深く読みました。小説や映画などで親しみを感じていますが、詳細はわからないことが多かったので、このような解き明かしは非常に勉強になりました。京極さん自身も数多くの妖怪 妖怪とは何であるかを説いており、興味深く読みました。小説や映画などで親しみを感じていますが、詳細はわからないことが多かったので、このような解き明かしは非常に勉強になりました。京極さん自身も数多くの妖怪小説を書いていることから、縦横無尽に妖怪を語り、妖怪を楽しむことを教えてくれるように思います。存在するか否かという前提あれど、存在するということを再確認したような気がします。 …続きを読む
    優希
    2018年11月07日
    70人がナイス!しています
  • 妖怪のことを京極堂の作者に学ぶ。妖怪学という学問はない、ということが一番の衝撃。言われてみればたしかにそうですが。飯嶋律、夏目、四月一日、最近だと絶対城。妖怪物語とは、つまりは怪異をもたらすモノコトの 妖怪のことを京極堂の作者に学ぶ。妖怪学という学問はない、ということが一番の衝撃。言われてみればたしかにそうですが。飯嶋律、夏目、四月一日、最近だと絶対城。妖怪物語とは、つまりは怪異をもたらすモノコトの物語。キャラの話まで入ってきて、奥が深くて深くて困る。一般的な妖怪とは、怪異現象“コト”ありきのもの。水木しげるはコトをモノにして©のものをつくりだし、さらにはそれをさも昔からある伝承のモノにしてしまった。拍手。 …続きを読む
    HoneyBEE
    2016年03月10日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品