無名騎手

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048742283

無名騎手

  • 著者 蓮見 恭子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048742283

事故か、他殺か。女性騎手が競馬界の確執に迫る!

一人の引退した無名騎手の孤独死。女性騎手・夏海はその後処理に出向くことに。その頃、スポーツ紙では勝利馬の誤記という致命的なミスが起きていた。そして不穏な事件が相次いで起こる――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無名騎手」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『女騎手』の続編。騎手・厩舎・調教師…といった競馬界の裏側からの視線で描かれる物語。非常に興味深く面白いです。前作でも感じたのですが、ミステリーがなくても充分に面白い作品を書ける方だと思います。という 『女騎手』の続編。騎手・厩舎・調教師…といった競馬界の裏側からの視線で描かれる物語。非常に興味深く面白いです。前作でも感じたのですが、ミステリーがなくても充分に面白い作品を書ける方だと思います。というよりも、女騎手の成長譚としてだけのほうがスッキリする気もします。今回は競馬新聞や印刷業界の話も面白かった。翔子もキャラクターとして魅力的、やっぱり蓮水さんはお仕事小説をかかれても充分に魅力的な作品を書かれる方と感じました。続→ …続きを読む
    nyanco
    2011年10月16日
    8人がナイス!しています
  • 騎手としてレースに参加すること。そして、勝利をあげること。騎乗馬が集まらない主人公・夏海、疑惑の中心にいる元騎手・加賀などを通してその執念、思いが感じられる。前作とも共通したこのテーマというのは、上手 騎手としてレースに参加すること。そして、勝利をあげること。騎乗馬が集まらない主人公・夏海、疑惑の中心にいる元騎手・加賀などを通してその執念、思いが感じられる。前作とも共通したこのテーマというのは、上手く描かれていると思う。ただし、トリックは思い切り無理がある。確かに、夏海や関係者は、スター騎手ではない。競馬界が村社会なのも事実。でも、年間、数人しか騎手になれず、しかもネットなどが発達した時代、これは無理。もし、舞台となる時代が20年前、30年前ならまだしも……。そこは、マイナス評価としたい。 …続きを読む
    たこやき
    2011年10月01日
    8人がナイス!しています
  • 若手騎手しかも女性騎手目線の小説。しかも、職業小説だと思っていたら、推理小説でもあった。しかし、オチがちょっと無理っぽいような気もするけどどうなんでしょうか?確かに騎手は小さい人は小さいですけどね。。 若手騎手しかも女性騎手目線の小説。しかも、職業小説だと思っていたら、推理小説でもあった。しかし、オチがちょっと無理っぽいような気もするけどどうなんでしょうか?確かに騎手は小さい人は小さいですけどね。。。本当の騎手に読んで感想を聞きたいところ。 同じ作家さんでもう1冊(そちらが時系列的には先?)あるようなので、読んで見たいと思いました。 …続きを読む
    イケダ5→1
    2011年11月30日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品