試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041932131

魔女

  • 著者 坂東 眞砂子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041932131

命を懸けた、禁断の愛の物語。

中世イタリア。豪商の娘タミラは、ある日、森の中で美しき修道士アルノルフォと出会う。その瞬間から、二人は禁断の恋に落ちてゆく。信仰との狭間で苦悩するアルノルフォ。一途に彼を求めるタミラは……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やっぱり自分が好きな小説のキーワードは限定的に偏っている。《中世ヨーロッパ・キリスト教・魔女狩り・暗黒時代・隠れキリシタン、、、》平野啓一郎氏の「日蝕」(棺桶本)を読んだ時には雷に打たれたような衝撃で やっぱり自分が好きな小説のキーワードは限定的に偏っている。《中世ヨーロッパ・キリスト教・魔女狩り・暗黒時代・隠れキリシタン、、、》平野啓一郎氏の「日蝕」(棺桶本)を読んだ時には雷に打たれたような衝撃でゾクゾクした。本作は衝撃度はなくソフトで読み易い反面キリスト教修練者の「肉」への原罪が大骨。切っても切り離せないテーマだと再認識。中世もヨーロッパも行ったことがないけれど、読書中脳内ではずっとグレゴリオが流れていた。ペーソスとしての実在した『空飛ぶ聖人/聖ジュゼッペ・ダ・コベルティーノ』の文献は読んでみたい。 …続きを読む
    ann
    2020年10月16日
    45人がナイス!しています
  • 16世紀のイタリア、ヴェネツィア共和国、フリウリ地方の小さな村。ヴェネツィアからこの田舎町に移ってきたタミラ、修道院の若きアルノルフォ修道士と奇跡をおこすと言われるドナート神父。神の存在を深く感じた聖 16世紀のイタリア、ヴェネツィア共和国、フリウリ地方の小さな村。ヴェネツィアからこの田舎町に移ってきたタミラ、修道院の若きアルノルフォ修道士と奇跡をおこすと言われるドナート神父。神の存在を深く感じた聖の法悦による無我の極致が奇跡を起こすのなら、タミラとアルノルフォが互いの存在を深く感じた性の喜悦による忘我の境地も、それ自体が奇跡と言えるのかもしれない。もはや前に進むことしかできないタミラ、我を忘れてしまったことを後悔し、信仰に没頭しようとするアルノルフォ、そこから生まれるものが、あまりにも哀しく切ない。 …続きを読む
    いたろう
    2016年07月08日
    43人がナイス!しています
  • 中世イタリアの田舎町チェネダ。小間使いの告白。豪商の娘タミラが森の中で修道士アルノルフォと出会う。出会った瞬間から、二人は官能的な禁断の愛に導かれる。アルノルフォは、肉欲と信仰との間で苦悩に支配されタ 中世イタリアの田舎町チェネダ。小間使いの告白。豪商の娘タミラが森の中で修道士アルノルフォと出会う。出会った瞬間から、二人は官能的な禁断の愛に導かれる。アルノルフォは、肉欲と信仰との間で苦悩に支配されタミラへの思いが恋から悪魔としての憎悪に転換される。アルノルフォに避けられたと感じたタミラは、絶望を感じ自ら自害する。小間使いが告白した神父こそがタミラを殺害したと誤認されたアルノルフォであった。浮遊する神父の伝承が象徴する意味を解釈する事が困難であり、純粋な男女の熱愛が非恋になる残酷さが物悲しかった。 …続きを読む
    テディ
    2017年08月03日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品