角川ソフィア文庫

空気の発見

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784044094317
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

空気の発見

  • 著者 三宅 泰雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784044094317

身近な疑問や思わぬ発見をやさしく解き明かす。科学を楽しくしてくれる名著

空気に重さがあることが発見されて以来、様々な気体の種類や特性が分かってきた。空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか――。身近な疑問や発見を解き明かし、科学が楽しくなる名著。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「空気の発見」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 古本購入。ロウソクの科学的な読み物。今、空気の存在は自覚もあるし、呼吸などから感じることができる。当たり前の世界であるが、以前は魂の存在のようにあるということであり、何か物質とは別の扱いであったよう。 古本購入。ロウソクの科学的な読み物。今、空気の存在は自覚もあるし、呼吸などから感じることができる。当たり前の世界であるが、以前は魂の存在のようにあるということであり、何か物質とは別の扱いであったよう。空気の重さをはかったり、原子や分子などにたどり着いていくストーリーが展開されている。著名な科学者の功績をたどりながら、空気の存在をあらためて認識できる内容。あとがきにもあったが、こういう科学を想像した人々の思想や生活に触れずして真髄を理解することはできないとあり、同感。初版は昭和37年だが、オゾンも詳しい。 …続きを読む
    C-biscuit
    2019年04月19日
    13人がナイス!しています
  • 気体の発見史。その発見のすごさの解説だけでなく発見者の生まれ育ちから死に方までざっと書いてある。元の仮説がより正しい新仮説に塗り替えられるとき、必ず実験の方法、手順についても革新がある。結論に加えて実 気体の発見史。その発見のすごさの解説だけでなく発見者の生まれ育ちから死に方までざっと書いてある。元の仮説がより正しい新仮説に塗り替えられるとき、必ず実験の方法、手順についても革新がある。結論に加えて実験をしっかり押さえているのは当然かもしれないがいい。言葉づかいも丁寧で小学校高学年~中学生くらいを対象にしていると思われる。自分がその頃に読んでいれば化学が好きになっていただろう …続きを読む
    ヒダン
    2016年04月08日
    13人がナイス!しています
  • 科学がどのようにして「空気」をとらえたかをなぞる一冊です。科学に興味を持ち始めた中高生に向け、権威と今当たり前だと思われてることに科学的考察で臨むことの尊さや面白さを説いています。数字よりも考え方のプ 科学がどのようにして「空気」をとらえたかをなぞる一冊です。科学に興味を持ち始めた中高生に向け、権威と今当たり前だと思われてることに科学的考察で臨むことの尊さや面白さを説いています。数字よりも考え方のプロセスや先人たちのエピソードを交えているので科学に苦手意識がある私も親しみやすく読めました。「フロギストン説」が否定されるまで長い時間がかかり、多くのすばらしい科学者たちが不当な圧力を受けてきたことは遠い昔のことですが学ぶべきことが多いのではないかと思います。 …続きを読む
    おりがみ
    2019年03月03日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品