試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784044094317

空気の発見

  • 著者 三宅 泰雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784044094317

身近な疑問や思わぬ発見をやさしく解き明かす。科学を楽しくしてくれる名著

ノーベル賞受賞者が読んでいる本!

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典氏が「科学者を志すきっかけになった本」として『ロウソクの科学』とともに紹介し、注目される。

「空気」に重さがあることが発見されて以来、さまざまな気体の種類や特性が分かってきた。空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか、二酸化炭素が「固まる空気」と名づけられた理由など、身近な疑問や思わぬ発見を、やさしく解き明かす。空気が「魂」のようなものだと考えられてきた頃から、その働きや生活との結びつきが明らかになるまでの歴史を豊富なエピソードで振り返り、科学を楽しくしてくれる名著。

メディアミックス情報

NEWS

「空気の発見」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 当たり前を疑う姿勢、物事の本質を自分で考える姿勢が大切。過去から近代までの空気の発見から、元素の特定まで。目の前にあるが、目には見えない空気。それに何故?と疑問を持てる姿勢がすごい。ラボアジエがフラン 当たり前を疑う姿勢、物事の本質を自分で考える姿勢が大切。過去から近代までの空気の発見から、元素の特定まで。目の前にあるが、目には見えない空気。それに何故?と疑問を持てる姿勢がすごい。ラボアジエがフランス革命で処刑されたのは知らなかった。 …続きを読む
    ヘッジホッグ@Wheezers and Dodgers
    2020年09月13日
    19人がナイス!しています
  • 《カドフェス2020》空気に重さがあることが発見されてからの、「空気」に関するあらゆる発見と進展を、科学者のエピソードと共に語っている。内容は中学生向きのようだけど、理科が苦手科目だった私には難しめ。 《カドフェス2020》空気に重さがあることが発見されてからの、「空気」に関するあらゆる発見と進展を、科学者のエピソードと共に語っている。内容は中学生向きのようだけど、理科が苦手科目だった私には難しめ。昭和37年の著作だが優しい語り口と相まって、読みにくさも古臭さも感じない名著。これから何度も読み返したいので、本棚行きに決定です。 …続きを読む
    那由多
    2020年07月22日
    17人がナイス!しています
  • ファラデーの『ロウソクの科学』が面白かったので調子に乗ってこちらも読んでみた。こちらは実験講演の記録とかではなく、空気の発見の歴史と、科学者たちの偉大で時に風変わりで時に悲劇的な人生、そして空気の組成 ファラデーの『ロウソクの科学』が面白かったので調子に乗ってこちらも読んでみた。こちらは実験講演の記録とかではなく、空気の発見の歴史と、科学者たちの偉大で時に風変わりで時に悲劇的な人生、そして空気の組成や働きを若い人向けに優しい語り口調で説いた内容となっている。空気の重さから元素や分子、膨張系数、気体反応の法則の発見、空が青い理由まで、やや難しい所もあるが大変面白く読めた。また、ガリレオやラヴォアジェなど科学者の人生を語ることで科学的真理の探求という道の厳しさや尊さを語ってくれるのもよい。文系にもお勧め。 …続きを読む
    ロビン
    2019年11月07日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品