贋作『坊っちゃん』殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043829057

贋作『坊っちゃん』殺人事件

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043829057

名作『坊っちゃん』の裏に浮かび上がるもう一つの物語。

松山から東京に戻った3年後、山嵐と再会した坊っちゃん。山嵐は「教頭の赤シャツが自殺した」といい、坊っちゃんはその自殺の真相を探るために再び松山を訪れ……傑作パスティーシュ登場!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「贋作『坊っちゃん』殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。」書き出しを憶えるほどの名作を嗚呼なんたること! しかし文体の模倣はお見事、漱石先生もあの世で苦笑いですぞ!!(笑) 本編から3年後、「山嵐」と「坊ちゃ 「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。」書き出しを憶えるほどの名作を嗚呼なんたること! しかし文体の模倣はお見事、漱石先生もあの世で苦笑いですぞ!!(笑) 本編から3年後、「山嵐」と「坊ちゃん」の再会に始まり、「赤シャツ」の自殺(殺人)の真相究明をかなりムリ筋で書いてます(笑) 一読の価値ありですよん♪ …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2012年04月21日
    95人がナイス!しています
  • あの有名な「坊っちゃん」を、ここまで異解釈して、殺人事件にしちゃうなんてと読み始めるまでは不安でした。しかし、柳さん流石です!坊っちゃんは勿論、山嵐、赤シャツ、野だいこ、うらなり、マドンナがあんなこと あの有名な「坊っちゃん」を、ここまで異解釈して、殺人事件にしちゃうなんてと読み始めるまでは不安でした。しかし、柳さん流石です!坊っちゃんは勿論、山嵐、赤シャツ、野だいこ、うらなり、マドンナがあんなことやこんなことも~な凄い展開になっちゃって、時代背景もしっかり踏まえられていて、とっても楽しめました。柳さんの夏目さんに対する思い入れがぎっしり詰まった良い作品でした。 …続きを読む
    財布にジャック
    2010年12月06日
    82人がナイス!しています
  • 夏目漱石『坊ちゃん』のその後を描いた、何と!ミステリです。オマージュと言っても良いでしょう。本作品を読んで、慌てて『坊ちゃん』を読み返した次第です。それ程、巧に本家の世界観をなぞっているのです。本家を 夏目漱石『坊ちゃん』のその後を描いた、何と!ミステリです。オマージュと言っても良いでしょう。本作品を読んで、慌てて『坊ちゃん』を読み返した次第です。それ程、巧に本家の世界観をなぞっているのです。本家を再読したくなるくらいに優れています。教職を辞し東京に戻ったおれが、赤シャツの死の真相を探るべく山嵐とともに再び四国へ。冒頭から、ぐっとくるじゃありませんか!坊ちゃんが名探偵さながらに、赤シャツ事件の謎を解くという展開です。本作品は、本家のエピソードに違う意味を与え、真相を解明していきます。う~ん、凝っている。 …続きを読む
    hit4papa
    2020年10月19日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品