GOSICKsIII―ゴシックエス・秋の花の思い出―

アニメ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044281144

アニメ化作品

GOSICKsIII―ゴシックエス・秋の花の思い出―

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044281144

TVアニメ1月放映!!

秋、つかの間の平和なひととき、少年と少女は花を語り、謎をひもとく。自分たちのごとく歴史のうねりに翻弄されながら、懸命に生きた人々の思い出を。鮮やかな彩りに満ちた大人気ミステリ外伝。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「GOSICKsIII―ゴシックエス・秋の花の思い出―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恐るべしブラッドリー一族!!アブリルちゃんコルデリアと対面してたんですね。。本編は全部読み終わったので、懐かしく平穏な物語でした★ 恐るべしブラッドリー一族!!アブリルちゃんコルデリアと対面してたんですね。。本編は全部読み終わったので、懐かしく平穏な物語でした★
    勇波
    2014年10月18日
    121人がナイス!しています
  • 作中作として花にちなんだ5つの物語が語られ、タイプの違う不思議物語を楽しめるため、謎解きは軽くても満足度が高い1冊になりました。熱を出して退屈してごねているヴィクトリカのために、一弥が花と本を差し入れ 作中作として花にちなんだ5つの物語が語られ、タイプの違う不思議物語を楽しめるため、謎解きは軽くても満足度が高い1冊になりました。熱を出して退屈してごねているヴィクトリカのために、一弥が花と本を差し入れ、物語を語り聞かせるという展開。「何?この2人の関係って・・・」と脳内でツッコミを入れつつ、不思議な物語がヴィクトリカの一言で全く違った物語として見えてくる様を楽しみました。あっと驚く変則バージョンだった5話目について、思うところがいろいろとあったんだけれど・・・ネタバレになるので、それはまた別の機会に(笑) …続きを読む
    エンブレムT
    2012年09月22日
    104人がナイス!しています
  • 本編の裏側の事情に少し触れつつ物語が盛り上がってますね。深刻な物語が続く中、アブリルのお約束の庭で迷う姿が清涼剤のよう。それにしても、庭師のおっさんの技術が凄すぎるな。 本編の裏側の事情に少し触れつつ物語が盛り上がってますね。深刻な物語が続く中、アブリルのお約束の庭で迷う姿が清涼剤のよう。それにしても、庭師のおっさんの技術が凄すぎるな。
    柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中
    2011年09月27日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品