宇宙のみなしご

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043941087

宇宙のみなしご

  • 著者 森 絵都
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043941087

あなたと手をつなぐ人がきっと、いる。

真夜中の屋根のぼりは、陽子・リン姉弟のとっておきの秘密の遊びだった。不登校の陽子と誰にでも優しいリン。やがて、仲良しグループから外された少女、パソコンオタクの少年が加わり……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宇宙のみなしご」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • コミカル児童文芸書でした。中2の姉陽子と中1の弟リンの両親は仕事でいつも帰りが遅い。子供たちは、自分で食事の仕度もして、自分達で遊びも考えた。それでやり始めた真夜中の他人の家の屋根のぼり。ある日、同級 コミカル児童文芸書でした。中2の姉陽子と中1の弟リンの両親は仕事でいつも帰りが遅い。子供たちは、自分で食事の仕度もして、自分達で遊びも考えた。それでやり始めた真夜中の他人の家の屋根のぼり。ある日、同級生七瀬さん、キオスクと一緒にのぼることに・・ところがキオスクがのぼれない。それをショックにキオスクが登校拒否し、自殺したと様に思われてしまう。・・・小中学生にオススメしたい友情物語の一冊でした! …続きを読む
    わっしぃ
    2017年10月10日
    121人がナイス!しています
  • 宇宙のみなしごは力いっぱいに何かを求めていて、なにかにときめき、わくわくして、でもそれを我慢したつぎからは、そのわくわくが少しだけ減ってく気がした。単なる遊びなんだけど一歩ずつ違う所に行けても結局は自 宇宙のみなしごは力いっぱいに何かを求めていて、なにかにときめき、わくわくして、でもそれを我慢したつぎからは、そのわくわくが少しだけ減ってく気がした。単なる遊びなんだけど一歩ずつ違う所に行けても結局は自分の事を好きになれるか。一番しんどいときは、ひとりで切りぬけるしかないから。頑張らないとね。 …続きを読む
    ユザキ部長
    2017年10月17日
    116人がナイス!しています
  • 「屋根のぼり」という遊び。特に理由はないが子供の興味はつきない。小さいころやった”階段跳び”が脳裏に浮かんだ。子供心に、それをやることで何か自分の壁(たいていは少なからず大人になった気分だったと記憶) 「屋根のぼり」という遊び。特に理由はないが子供の興味はつきない。小さいころやった”階段跳び”が脳裏に浮かんだ。子供心に、それをやることで何か自分の壁(たいていは少なからず大人になった気分だったと記憶)をこえたような気持ちになれる。共感とともに小さいころを思い出さざるを得なかった。”トタン”という意味では、私の場合、屋根ではなく”壁野球”の際に活用した自宅西側のトタンの壁が懐かしい。今はもうないんだよなぁ・・・。 …続きを読む
    thayami
    2011年08月06日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品