なぜ日本は〈嫌われ国家〉なのか 世界が見た太平洋戦争

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
168
ISBN:
9784047102477

なぜ日本は〈嫌われ国家〉なのか 世界が見た太平洋戦争

  • 著者 保阪 正康
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
168
ISBN:
9784047102477

なぜ戦後日本は世界から嫌われるようになったのだろう…?

太平洋戦争は各国の日本観及び日本人観にどのような影響を与えたのだろうか。連合国、枢軸国それぞれが見た「ニッポン」を手がかりに、あの戦争が戦後の国際社会に与えた影響を徹底分析。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「なぜ日本は〈嫌われ国家〉なのか 世界が見た太平洋戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本がこんなに世界中から嫌われていたなんて。ショックでした。 日本がこんなに世界中から嫌われていたなんて。ショックでした。
    香菜子(かなこ・Kanako)
    2017年06月21日
    3人がナイス!しています
  • コスト意識のない日本政府というのは首肯するが、日本=信念なく駆け引きもできない未熟国、戦勝国=信念があって能力があるという結論ありきな感あり。なお、「アメリカは」と書いたとき、それは「政府」なのか「国 コスト意識のない日本政府というのは首肯するが、日本=信念なく駆け引きもできない未熟国、戦勝国=信念があって能力があるという結論ありきな感あり。なお、「アメリカは」と書いたとき、それは「政府」なのか「国民」なのか「全体」なのか区別していない。わざわざ「国民」と断っても、違う箇所で使われる「世論」との違いが説明されない(政府と指導者たちも然り。社会って誰を指す?)、言葉の繋がりが不明瞭なところもあり。結論もせっかく歴史的アプローチしてるんだから独自性が欲しかった。 …続きを読む
    tooka
    2010年10月13日
    2人がナイス!しています
  • 読んでいて笑いが止まらなかった。何パーセントが事実で、何割が誤認や偽証や捏造なのかを考えるのも楽しいと思う 読んでいて笑いが止まらなかった。何パーセントが事実で、何割が誤認や偽証や捏造なのかを考えるのも楽しいと思う
    可兒
    2010年08月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品