太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784047102224

太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人

  • 著者 保阪 正康
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784047102224

新資料が解き明かす七つの謎

太平洋戦争の開戦を決めたのは誰か?山本五十六はなぜ戦死したのか?近年発掘された新資料で七つの謎を解明する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「永遠のゼロ」を読んで、物語中の疑問解決の一助に。内容は少し難しい。昭和62年余の中でたった3年9ヶ月しかない太平洋戦争。ただその間に昭和史が抱え込んだ局面が凝縮されていると。「なぜ人を武器にする戦略 「永遠のゼロ」を読んで、物語中の疑問解決の一助に。内容は少し難しい。昭和62年余の中でたった3年9ヶ月しかない太平洋戦争。ただその間に昭和史が抱え込んだ局面が凝縮されていると。「なぜ人を武器にする戦略が生まれたか」など7つの疑問を天皇や軍部の内情、官僚や日本の国民性など多方面から考察をしている。開戦と終戦の経緯と判断。もし本土決戦をした場合、日本はどうなっていたか。日本人の非戦闘員も巻き込む本土戦闘にアメリカが立てていた作戦とは。精神論だけに頼る、「負けたと思ったときは負けだ」は、死ぬまで戦い続けること。 …続きを読む
    mura
    2013年06月02日
    18人がナイス!しています
  • タイトルの通り、太平洋戦争(第二次世界大戦)の7つの謎について解説された本。現代に生きる我々は、決まり文句のように『戦争はいけないことです』『戦争は二度と繰り返してはならない』と言っています。それは勿 タイトルの通り、太平洋戦争(第二次世界大戦)の7つの謎について解説された本。現代に生きる我々は、決まり文句のように『戦争はいけないことです』『戦争は二度と繰り返してはならない』と言っています。それは勿論その通りなのですが、一体当時の日本はどういった状況に追い込まれていたのか、ということについて簡単に確認することが出来た本です。読めば読むほど東條英機が嫌いになりますね…。 …続きを読む
    浅見ヨシヒロ
    2016年11月24日
    7人がナイス!しています
  • 国家が「確実な死を命じる」特攻作戦が異常でむごい作戦であることは否定しないにしても,軍事史上類例がないとかこれが唯一とか言い切ってしまうのはいかがなものか。中越戦争の際,中共軍が土鬼の自殺兵みたいな自 国家が「確実な死を命じる」特攻作戦が異常でむごい作戦であることは否定しないにしても,軍事史上類例がないとかこれが唯一とか言い切ってしまうのはいかがなものか。中越戦争の際,中共軍が土鬼の自殺兵みたいな自爆攻撃を行い,かつ地名は忘れたがその地名を国内政治教育に使っていたし(肉弾三勇士みたいな偶然の自爆ではない),自殺攻撃ではないが国府軍の督戦隊なんて同じかそれ以上にむごい。簡単に「唯一」と言ってしまうからこの人は蛸壺史観云々と批判されるのではないか。ただし経験者の証言,手記に言霊が宿るという所は完全に同意。 …続きを読む
    wei xian tiang
    2013年10月16日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品