晩夏のプレイボール

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043721092

晩夏のプレイボール

  • 著者 あさの あつこ
  • 画 佐々木 こづえ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043721092

あさのあつこが「夏の甲子園」を描く、野球小説の新たな傑作。

「野球っておもしろいんだ」――甲子園常連の強豪高校でなくても、自分の夢を友に託すことになっても、女の子であっても、いくつになっても、関係ない……野球を愛する者、それぞれの夏の甲子園を描く短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「晩夏のプレイボール」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 甲子園も夏も終わったまさに8月の終わり頃から読むのにぴったりかも。あさのあつこさん作品、初読みです。野球をテーマにした10編の短編集からなりますが、どの作品も甲子園に立った人や甲子園に憧れを抱いていた 甲子園も夏も終わったまさに8月の終わり頃から読むのにぴったりかも。あさのあつこさん作品、初読みです。野球をテーマにした10編の短編集からなりますが、どの作品も甲子園に立った人や甲子園に憧れを抱いていた人やその周囲の人物などが登場。夢が叶った者だけでなく惜しくも夢破れた者にもドラマがありますね。球場やグラウンドの描写もリアル。良いね、青春だね〜♪あさのさんの他の作品もこれから読んで行こうと思います♪ …続きを読む
    アッキ@道央民
    2016年09月01日
    57人がナイス!しています
  • 高校野球、夏の甲子園大会。毎年、四千校以上が予選でしのぎを削り、戦いを繰り広げるが、1チーム最低九人が必要な競技で有り、夏の甲子園の裏には、少なくとも三万六千人の球児と、その倍以上の家族のドラマが秘め 高校野球、夏の甲子園大会。毎年、四千校以上が予選でしのぎを削り、戦いを繰り広げるが、1チーム最低九人が必要な競技で有り、夏の甲子園の裏には、少なくとも三万六千人の球児と、その倍以上の家族のドラマが秘められている。本書はそんな、野球に絡んだ十話の物語。甲子園のみならず、野球に対する憧れ、希望、挫折を含め、置かれた状況は違えども、それぞれが持つ、野球への熱い想いがヒシヒシと伝わり、胸が熱くなりました。特に、最終話の練習球II。最後のページを読んで、もはやセピア色となってしまった、あの夏の日の想いが蘇りました。 …続きを読む
    シブ吉
    2013年01月20日
    48人がナイス!しています
  • 野球(特に甲子園)がテーマの10編の短編集。最近では家族の趣味もあってサッカーの話題の方が多くなっているけど、それでもやっぱり野球はいい。私はもちろん見る側だけど、それでも野球が大好き。その気持ちを思 野球(特に甲子園)がテーマの10編の短編集。最近では家族の趣味もあってサッカーの話題の方が多くなっているけど、それでもやっぱり野球はいい。私はもちろん見る側だけど、それでも野球が大好き。その気持ちを思い出させてもらった。強いから勝つわけでも、思った分だけ全てが叶うわけでもない。それは野球に限らず…だけど、野球にはとりわけ人生の色々な場面が詰め込まれている気がする。表と裏、個人とチーム、3アウト…「バッテリー」のあさのあつこだからこその作品。どれもよかったけど最初と最後の「練習球」「驟雨の後に」が特に好き。 …続きを読む
    ゆゆ
    2016年11月17日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品